慰謝料請求ホットライン > 浮気調査・不倫調査

不倫・浮気調査はどういうことをする?

夫・妻が浮気をしているかも…。
ちゃんと調べたいと思っても実際はどういうことをしたら良いのか?
慰謝料の請求の時や裁判を起こした時の証拠ともなりますので一緒に勉強していきましょう。

裁判に勝利するためには証拠が必要

慰謝料請求や裁判を起こすときには証拠が必要になります。
例えばそれが不確かなものだった場合は裁判所から証拠として却下される可能性がありますので注意が必要です。

証拠集めの「やりすぎ」に注意

証拠を探そうとした時、もちろん時には大胆な行動が必要となってくるのですが、あまりにやりすぎると法に抵触したり、人としてのモラルを欠くことをしてしまいがちですので判断力も大事になってきます。

探偵社や興信所を利用する前に

もちろん証拠集めには強い味方になってくれるところが大半ですが、相場を知らないことをいいことに法外な値段をとられたり、思っていたものと違ったということも稀にありますので事前に下調べが必要です。

浮気・不倫はどうやって見抜く?

メールなどのやりとり

メールやLINEでのやりとりは証拠となります。
消されないように保存しておく必要があります。
しかし、肉体関係をほのめかす内容のものでなければ慰謝料請求や離婚をする際の証拠にはなりません。

ホテルから出入りする写真・性行為中の写真

不倫相手とホテルから出入りする瞬間の写真や性行為中の写真は証拠となります。
自分で尾行するのは難しいという場合は興信所などに頼むのがベターです。

その他

ホテルの出入りをしているクレジットカードの明細、パソコンの履歴(ホテルなどの検索・メールの履歴など)があります。

不倫調査で大事なこと

確実な肉体関係の証拠を掴むことが後の慰謝料請求や離婚の裁判の時に優位になります。
一回の不倫や浮気では不貞行為にはなりません。
複数回ラブホテルにいった証拠を掴むこと(シティホテルなどでは証拠能力に差が出ます)が重要です。
自宅の出入りしてるだけだったりという状況証拠だけでは証拠として提出するのは難しいということです。

浮気・不倫調査は精神的な疲れが伴う
 

一人で行う浮気・不倫調査は精神的なダメージや行き過ぎた行為に繋がる場合があります。
当社にご相談頂ければアドバイスができたり、一緒に戦うこともできますので是非ご相談下さい。
電話相談料は無料です。

トップへ戻る