【 慰謝料の基礎知識 】

慰謝料の時効とは

2018年03月20日

  

慰謝料の基礎知識

知らなかったでは済ませられない。慰謝料の時効

慰謝料には時効が存在しています。

うかうかしていると、あっという間に時は過ぎてしまい、結局、慰謝料を勝ち取ることができなかったケースも存在します。

こちらのページでは慰謝料の時効について紹介しています。

しっかりと慰謝料を請求するためにも勉強しておきましょう!

慰謝料の時効は3年と短いのでスピーディーに!

離婚をしていてもしなくても慰謝料を請求できるのは3年となります。

それは相手側に不倫関係があったと知った時から数えられます。

また、不倫関係があった時から20年の間であれば、慰謝料は請求することができます。

逆を介せば20年経過してしまうと時効が消滅し請求できなくなります。

ちなみに浮気相手側の名前や住所などを知らない場合は請求が不可能なので時効のカウントはされません。

では3年が経過していると、慰謝料は請求できないの?

慰謝料を請求した相手側が時効を主張しない限り、請求権は消滅しない事を覚えておきましょう。

また、時効を経過していた事を知らずに払う意思を示した場合、時効が過ぎていても請求は可能となります。

慰謝料を請求するのであれば、証拠は必要となりますので注意しておきましょう。

確実な証拠を取り揃えておくだけで有利に進みます。

時効をストップできる方法……あります

時効が間近に迫っていた場合慌ててしまいがちですが安心してください。

時効をストップさせる方法があります。まず、裁判上の請求さえしておけば、最初から期間が数え直しとなります。

よって、支払いの督促などで提起をするのが一番の近道です。また、裁判上の請求に時間をかけたくない場合は、「催告」といって、内容証明書を送るだけでも停止できます(6ヶ月以内に訴訟を起こす必要あり)。

時効の解釈は様々あり!

不倫行為以外にも慰謝料を請求するシーンは様々あります。

3年という期間は変わりないのですが、例えば傷害の場合は、暴行を受けた翌日、セクハラはセクハラ行為が起こってから、名誉毀損は名誉毀損した相手を知ってから、それぞれ3年となります。

多少解釈が変わってきますので注意をしましょう。

時効を知って慰謝料を勝ち取ろう!

離婚の慰謝料請求ができるのは3年。長いようで短いです。

特に精神的に参ってしまっている場合はどうしようもありません。

精神的損害の代償でもらえる対価ですので、しっかり勝ち取るようにしましょう。

時効と慰謝料は切っても切り離せない問題です。強い気持ちで立ち向かうようにしましょう。

慰謝料問題記事カテゴリー
トップへ戻る