ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 調停離婚とは

【 離婚の予備知識 】

調停離婚とは

2016年02月29日

  

離婚の予備知識

離婚前に知っておきたい…調停離婚について

パートナーと離婚をしたい。そう思っても知識不足のまま相手に話をしても話し合い後に不利になったり、思ったような状態になりません。このページでは調停離婚について紹介しています。調停離婚とは一体どういったものなのか?その方法は?うまくいかなかった場合は?など詳しく掲載していきますので是非、ご覧ください。

調停離婚とは一体どんなものなのか?

夫婦で話し合いをして離婚を成立する円満離婚と違って、調停離婚とは家庭裁判所にすべてを委ねることになります。家庭の問題はすぐに訴訟することはできません。調停の申し立てをする必要があります。調停には裁判のような強制効力はないものの、夫婦が合意をしなければ離婚は成立しません。家庭裁判所というのはなじみもなく、不安を感じるという方は家事相談室の利用をオススメします。申し立ての方法や書類の説明などアドバイスを無料でしてくれます。

調停が成立した場合はどうなる?

家庭裁判所では、家事調停委員2名、裁判官1名が夫婦の仲裁をしてくれます。調停は取り下げ可能ですし、円満に解決するように働いてくれる場合もあります。調停が成立し離婚になった場合は、裁判官と書記官が立ち会い調停調書を作成し成立となります。成立後10日以内に本籍地、又は住所地の市区町村役場に、離婚届と調停調書謄本を提出して離婚が成立となります。

調停がうまくいかない…どうしたらいい?

家庭裁判所で調停を何度もしたのに話がまとまらなかったり、相手が途中から出頭しなくなったときなど、家庭裁判所の判断で離婚の処分になることがあります(審議離婚)。しかし、大概は裁判離婚になるか、離婚不成立となるケースがあります。

調停の申立方法はどのような手続きがあるの?

全国の家庭裁判所の窓口に置いてある「夫婦関係調停申立書」に必要事項を記入し家庭裁判所に提出します(無料)。申立ての動機には例示が記載されており、当てはまるものに⚪︎を囲む形式になっています。申立てには印紙代や切手代が必要ですのでご注意ください。

家庭裁判所が仲裁に入る調停離婚

協議して離婚できれば一番なのですが、話し合いをするのは人間対人間になるためやはりうまくいかない場合があります。そういった場合は家庭裁判所が仲裁に入ってくれますので、勇気を持って相談してみましょう。

>>離婚の予備知識の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る