ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 裁判離婚とは

【 離婚の予備知識 】

裁判離婚とは

2016年02月29日

  

離婚の予備知識

離婚前に知っておきたい…裁判離婚について

離婚に向けてパートナーと協議をしてもうまくいかず、家庭裁判所の調停や審判でも離婚が成立しなかった場合はどうすればいいのでしょうか?こちらのページでは裁判離婚について詳しく紹介していきます。ここまでくれば肉体的精神的にも疲弊することになりますので、しっかり勉強するようにしましょう。

裁判離婚とは一体どんなものなのか?

家庭裁判所の調停・裁判でも離婚が成立せず、それでもやっぱり離婚がしたいと思った場合は家庭裁判所に離婚の訴えを起こさなければいけません。
判決がでれば強制的に離婚できますが、それまでの道は長く辛い道となるでしょう。裁判をしても勝てない場合もありますので賢明な判断が必要となります。

離婚が認められない場合があり!

離婚をしたいと家庭裁判所に訴えを起こしても、特別な離婚原因がない限りは認められなくなります。

その項目には配偶者側に不貞行為があったとき、配偶者の生死が3年以上明らかではないとき、

そのほか婚姻生活が継続し難い重大な理由がある場合などが必要です。

離婚訴訟には証拠が必要に!

たとえ大きな離婚の原因があっても、証拠がないと離婚が認められない場合があります。確実な証拠を集めたり、証人に出廷してもらったりと、誰が見ても離婚した方がいいという事実を立証しなければいけません。例えば相手が不貞行為をしていた場合、相手とのメールのやり取り、領収書や自分の日記などが必要になります。探偵社や興信所に依頼した調査賞でも効力は発揮します。ただし、法律に違反してまで証拠を集めるのはアウトです。不貞行為の立証はプロに任せましょう。

どれくらいの期間がかかるのか?

裁判ともなると長期戦を覚悟しておいた方がいいでしょう。約1年を目安に相手側が控訴や上告をするとさらに長引きます。裁判離婚は複雑ですし、相手の思うペースに巻き込まれる場合だってあります。決して1人で戦おうとは思わないようにしましょう。

経済的にも精神的にも相当な心構えが必要

裁判ともなると、裁判費用や弁護士費用、さらには慰謝料などもようしなければいけなくなる場合があります。ここまでくるとまさに泥沼です。できるだけ穏便に離婚するためにも調停離婚でとどめることが賢明でしょう。

>>離婚の予備知識の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る