ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 内縁とは

【 離婚の予備知識 】

内縁とは

2016年03月05日

  

離婚の予備知識

いわゆる内縁の定義と一体何なのか?

内縁の妻など内縁というキーワードを一度は耳にしたことがあると思います。内縁の定義とは一体何なのか。こちらのページでは内縁に関するあれこれを紹介していきます。現在同棲している人は特に覚えておいて損はないことですのでしっかりとご覧ください。

同棲していれば内縁と確定されるの?

同棲をしていれば内縁関係と認定されるのか?実はそう簡単なことではありません。内縁の条件としては、結婚の意思が双方にあったのか、同棲の期間や家事の分担はどうだったのか、双方の親族や友人関係の情報などを踏まえて考慮されることになります。内縁と認定されれば夫婦関係とほぼ同等の扱いを受けることができます。もちろん相続権などを受けることはできません。

夫婦という実態があれば内縁となる

長期間同棲をしていても夫婦という実態がなければ内縁とはならない可能性も出てきます。もちろん、金銭援助を受けながら肉体関係で繋がっている愛人や、セックスフレンドなども内縁とは区別されてしまいます。もちろん、内縁を立証するには物的証拠も必要になってきます。どんな証拠があれば内縁と認定されるのでしょうか?

内縁に認定される物的証拠について

内縁として立証したいと思った場合、賃貸借契約書、住民票など住まいに関することはもちろん、一緒に生活するために買ったか座道具や電化製品の明細、友人や親族の証言などが必要になってきます。しかし男性から最初から結婚の意思はなかったと言われてしまえばくつがえってしまいます。もし、内縁と認知してほしければ数々の状況・物的証拠を揃えるようにしましょう。

もしも同棲を解消し別れを告げられたら…

長年同棲をし、結婚の約束までしていたのに別れを切り出されてしまった場合、慰謝料を請求することができます。内縁破棄を理由にすることで、相手から回収することができるのですが、やはり内縁であることを認められなければ請求はできなくなります。怒りの気持ちをグッとこらえて、証拠集めをするようにしましょう。

内縁破棄は慰謝料を請求できる!

内縁破棄をされるとたとえ婚姻関係がなくても離婚した夫婦と同じように慰謝料請求できる場合があります。まずは1人で悩まずに、行政書士などプロに話をするのも一つの策です。お気持ちはわかりますが…間違っても相手に暴力を振るったり暴言を吐くことはやめておきましょう。

>>離婚の予備知識の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る