ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 離婚後の財産分与について

【 離婚の予備知識 】

離婚後の財産分与について

2016年04月26日

  

離婚の予備知識

離婚後の財産分与の仕組みはどうなっている?

離婚をした際に気になるのが財産分与ですよね。今後の生活がかかっているわけですから、どうすべきなのか知っておく事が重要です。財産分与の知識がないまま相手の思う通りにするなんて以ての外です。こちらのページでは一般的な財産分与について紹介していきます。是非、今後の参考にしてくださいね。

そもそも財産分与とは何?

財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で築き上げた財産について、離婚した際に築いた財産を貢献度に応じて分配をするというものです。相手に対して財産の分与を請求する事ができる権利を誰もが持っています。離婚をしたいと素早く離婚届に判を押してしまった場合、細かい話し合いをしなかったばっかりに、貰えるはずの財産が貰えなかったというのはよくある話です。法律で認められる権利を行使するためですので、話し合いはしっかり行う事が必要です。

財産分与の種類について

財産分与には大きく分けて3つの種類があります。
清算的財産分与……夫婦が婚姻中に作り上げた財産の清算
扶養的財産分与……離婚によって生活が困窮する元配偶者の扶養
慰謝料的財産分与……精神的ダメージによる対価の意味合いを含むもの
とまります。ちなみに、共有の財産かの判断は、名義に限らず共有されるものとされます。

借金も財産分与の対象となる?

例えば、相手方がギャンブルなどで借り入れた多額の借金は、財産分与の対象にはならないものとされています。借金などの債務については、夫婦が共同で借り入れた場合は財産分与として考慮されますが、個人的な借金ともなると、そうはなりません。ちなみに、借金があった場合は財産からマイナスの財産(借金)を差し引いたものが分配される仕組みとなっています。

財産の割合ってどうなっているの?

財産分与の財産額が確定されたら、どの割合で分配をするのかの話し合いになります。基本的に2分の1ずつが一般的な分配ですが、夫婦の事情はそれぞれ違うので、特殊な努力などが考慮された場合、修正される場合があります。

財産分与についてしっかり知る!

財産分与は一見ややこしいと思われがちなのですが、そんな事はありません。財産分与の仕組みを理解すれば損する事なく財産を勝ち取る事ができます。もし、わからない事があれば、独学だけでは限界があるので、行政書士や弁護士などに話を聞くと良いでしょう。

>>離婚の予備知識の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る