ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 離婚調停を優位にすすめるポイント

【 離婚の予備知識 】

離婚調停を優位にすすめるポイント

2016年05月11日

  

離婚の予備知識

離婚調停を優位にすすめたい!……どうしたらいいの?

離婚調停は今後の人生を左右するものなので、優位に進めたいですよね。できるならば、こちらの主張を突き通したいというのが本音でしょう。こちらのページでは、離婚調停を優位に進めるためにポイントに分けて紹介していきます。今後の参考にしてみてくださいね!

離婚調停を有利に進めるために!

離婚調停では調停委員立会いのもとで行われるため、どうしても緊張をしてしまいます。自分が何を言うべきか、何を言われたのか、今後の対策など頭の中はグルグルしてしまいます。そうならないためにも、事前に言いたいことはメモをしておく。読み返して、簡潔にまとめておけばなお良いでしょう。メモを見ながら話すことで、目一杯の状態が少しでも解消されるはずです。

離婚調停を途中で終わらすことも可能

離婚調停は精神的にも肉体的にも辛いものがあります。どうしても辛い場合は調停を終了させるのも良いでしょう。いつでも取下書を提出すれば調停を取り下げることができます。相手の同意は必要ありませんので、いつでも取り下げができます。しかし、納得のいかないまま終わらすのは現実的ではありません。相手が出頭しなかったり、裁判所の判断で継続する意味がないとされれば終わることもあります。

離婚調停を優位に進めるために何をすべきか考える

離婚調停を優位に進めるためには、何をすべきかシュミレーションをしておくことが必要です。うまくいかないのは先のことをイメージできていない場合が多いのです。確かに初めてのことなので、わからないことが多いと思うのですが、自分が何をしたいのか、離婚後の生活を思い描きましょう。そこで、シュミレーションをしておくのが良いでしょう。

プロに任せるのが優位に進められる条件?

行政書士や弁護士など、プロに任せるのは確かにお金がかかるものですし、躊躇してしまう気持ちもわかります。しかし、初めてのことなので、わからないことも多いでしょう。助言をしてくれたりフォローしてくれるので、どうしても勝ちたかったり、有利に進めたい方は是非離婚調停の相談してみましょう。電話相談無料で離婚後のサポートも行っていますので、貴方の強い味方になるでしょう。

離婚調停を優位に進めることが将来を決める!

離婚調停は将来のためにも必要なことです。しかし、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。優位に進めるためにも、プロに任せてもいいですし、自分がどうしたいのかをメモしておくと後でまとめやすいので必ずしておきましょう。子供のために自分のために、まずは準備をして、離婚調停を優位に進めましょう。

>>離婚の予備知識の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る