慰謝料請求ホットライン > 慰謝料請求された

慰謝料請求をされた場合に備えて

慰謝料請求された場合、確認して頂きたいことがあります。何も知らずに対応するなんて以ての外です。きちんと確認しておけば減額になったり払わなくてよくなる可能性だってあります。

慰謝料請求されたときに確認する3つのポイント

①事実かどうかの確認

突然、電話やメール、内容証明などで慰謝料請求されることがあります。
突然のことで驚き、パニックのまま対応することになってもなんのメリットもありません。
まずはその請求内容が事実かを確認してください。
実は内容証明は事実と違い払わなくてよかった慰謝料を払うハメになってしまったというケースもあるからです。

②要求内容の確認

要求には謝罪要求や交際中止要求などがあります。
それにくわえての慰謝料請求ですが、交際中止などに気をとられて、慰謝料が破格の金額になっていませんか?
当事者・相手側の状況でよりけりですが不倫による慰謝料の相場は決まっています。しっかり調べておきましょう。

③請求者は証拠を持っているか?

証拠を持っていないまま請求することはできません。
証拠を持っていないと高をくくり、無視をしていると訴訟を起こされる可能性があります。

慰謝料請求が認められるのは…

慰謝料請求が認められるのは、不貞行為があったか(継続して)、不倫した相手が既婚者であったことを知っていたか。によります。
もし、不貞行為がない関係であった場合は、交際中止や謝罪の要求はされますが慰謝料請求されることはありません。

請求者の思うがままに動かないようにする

不貞行為の事実がなかったり、相手が既婚者だと知らなかったのにも関わらず、相手の言葉に翻弄され事実を認めてしまうことがあります。
事実は事実として主張し、相手の手玉に乗らないようにしましょう。

慰謝料請求されたときは迷わず専門家に相談!

慰謝料請求をされるということは、請求者がプロの弁護士などを雇っている場合があります。
素人が勝てるはずもありませんので、一度こちらも専門家に相談することをオススメします。
当社では電話相談無料で、対処していく方法を提供していきますので是非ご相談下さい。

慰謝料請求されたら当社に連絡を
 

混乱状態に陥ったまま慰謝料請求に対応するのではなく、一度相談するのが得策です。
当社に相談をして頂ければ、相手との交渉などもさせて頂きます。
小さな疑問でもかまいません。一度ご相談下さい。

トップへ戻る