慰謝料請求ホットライン > 親権に関して

離婚時に親権を獲得するために大事なこと

やはり離婚する時に問題となるのが親権について。こちらでは親権を優位に勝ち取るため知っておくべきことをご紹介していきます。

親権とは

離婚をする場合、未成年の子供がいる場合は、親権者を決めないと離婚することができません。
夫婦で合意がなければ調停や裁判で決定することとなります。

親権はどちらが勝ちとることが多い?

親権を持つことが多いのは母親です。
子供が親権者を選ぶことができる年齢であったとしても、母親を選ぶケースが多いようです。

父親は親権は無理?

父親が親権を持つ場合

母親が親権を持つことがほとんどではありますが、母親に離婚の原因があった場合(育児放棄や薬物中毒、不倫関係など)は、父親が親権を持つことができます。
父親側に子供がいて問題なく成長している場合は、監護実績が認められ勝てることがあります。

専業主婦でも親権はとれる?

収入がないからといって親権がとれないわけではありません。
収入が多い少ないでは判断されません。
子供をちゃんと育てようとする意思が必要となります。

親権をとるために大事な4つのポイント

①経済状況・生活態度
②子供の意思(判断できる年齢の場合)
③離婚後の生活環境、子育ての支援が十分かどうか
④専門家の意見を聞く

親権を持つための下準備

離婚をし、子供の親権を獲得できたとしても、生活が苦しく養育ができない場合は、子供の将来にも影響がでるので、経済状況も親権を持つポイントの1つです。
例えば実家の両親に支援してもらうなどの生活環境も重要なポイントです。

親は介入できない子供の意思

子供が判断できる年齢であれば、どちらの親と住みたいか希望があった場合はそちらが尊重されます。

無知のまま調停・裁判に行くと危険

専門家の意見を参考に調停・裁判に臨むことをオススメします。
無知のままで親権をとろうとしても勝ちとれない場合があります。
専門家のアドバイスのもと動くと良いでしょう。

親権を勝ちとるために必要な行動
 

親権を勝ちとるには離婚後の生活の下準備、養育支援を整える、専門家のアドバイスなど話し合いに備えることが大事です。
当社は全国どこでも電話相談無料です。どうぞご連絡下さい。

トップへ戻る