慰謝料請求ホットライン > 不貞行為の立証

慰謝料請求をするには不貞行為の証拠が肝

慰謝料請求をしようと思った場合、鍵を握るのが証拠の有無です。こちらでは不貞行為の証拠の重要性と、立証方法を紹介していきます。

離婚理由の1つ不貞行為

民法である法廷の離婚原因の1つ。
不貞行為とは肉体関係を配偶者以外の異性と行うことです。
この行為を請求側が立証することで慰謝料を求めることができます。

裁判となると証拠が必要

必ず証拠を

慰謝料請求の裁判となると、隠蔽や詐欺を防ぐため証拠を提出しなければなりません。
これは確固たる証拠でなければ認められません。
証拠が不十分であったり、ないということになれば裁判では負けてしまいます。

証拠がなければ慰謝料派請求できない?

不貞行為の証拠がなければ慰謝料は請求できないのか?答えはノーです。
相手が裁判所でその行為を認めれば、それが証明となります。
例えば、裁判前に相手が「認める」と言ったのにも関わらず、裁判所で覆すことがあります。
そんなことがないように、事前に誓約書を書いてもらうなど万が一の準備も必要です。

不貞行為の証拠となる主なアイテム

不貞行為の立証となる主なアイテムを紹介します。
慰謝料請求の他にも、離婚などで財産分与などもお考えなら証拠は必要です。

写真・動画

一番証拠として強い効力を持っているのが写真や動画です。
しかし、ラブホテルの出入り写真ならともかく、2人の旅行の写真などだけでは不貞行為の証拠にはならないことがあります。
また年月や日時なども記されているとより効果的です。

録音テープ

不貞行為を認める録音テープなども証拠となります。
しかし内容が曖昧で相手がこちらの質問に答えるだけのものであったり、盗聴したものや編集したものと判断されることがありますので注意が必要です。

メールやLINE

メールやLINEの文面では交際の事実は確認できても、不貞の証拠としては認められません。
ただし一連の流れで不貞行為がわかる内容だった場合などは認められることもあります。

探偵社や興信所の報告書

探偵社や興信所は不貞の証拠を集めてくれます。
しかし、料金は高く検討する必要があります。

その他

ホテルなどの履歴が残っているクレジットカードの明細、日記や手帳、友人らの証言なども証拠となります。

証拠は慰謝料をもらうために重要
 

不貞の事実を集めるのは一人では困難です。
当社に相談して頂ければ、アドバイスができたり今後の請求にむけて有利に動けるように手助けができます。
是非、当社にご相談下さい。電話相談は全国無料です。

トップへ戻る