離婚に伴う慰謝料請求についてお悩みの方は慰謝料ホットラインまでご相談下さい

様々な理由で、パートナーとの関係が悪化してしまった場合、まずはご自身で関係の修復を目指されると思います。
もちろん話し合いによって解決できることもあるでしょう。

それでも解決できない場合、離婚という選択はやむを得ないかもしれません。
ただ、円満に離婚することは多くの場合において大変困難なものです。
さらに、慰謝料を請求するという選択をした場合は合意にいたるまでに実に多くのハードルがあります。
それはあなたにとって大変なストレスとなることでしょう。

もしあなたが一人で孤独に悩んでいるのであれば、
当事務所はあなたの力になることができます。
おひとりで悩み続けても、多くのケースにおいて
状況は悪くなる一方で、中には取り返しのつかない
事態にまで深刻化している事例も多く見てきました。

そうなる前に、男女問題解決のプロに
ご相談いただくことをお勧めいたします。

様々な理由で、パートナーとの関係が悪化してしまった場合、まずはご自身で関係の修復を目指されると思います。
もちろん話し合いによって解決できることもあるでしょう。

それでも解決できない場合、離婚という選択はやむを得ないかもしれません。
ただ、円満に離婚することは多くの場合において大変困難なものです。
さらに、慰謝料を請求するという選択をした場合は合意にいたるまでに実に多くのハードルがあります。
それはあなたにとって大変なストレスとなることでしょう。

もしあなたが一人で孤独に悩んでいるのであれば、当事務所はあなたの力になることができます。
おひとりで悩み続けても、多くのケースにおいて状況は悪くなる一方で、
中には取り返しのつかない
事態にまで深刻化している
事例も多く見てきました。

そうなる前に、
男女問題解決のプロに
ご相談いただくことを
お勧めいたします。

一人で悩んだり解決しようとする前に
まずはプロにご相談ください。
ご相談者様がストレスを抱えず円満に解決
できるよう、どんなお悩みでも早期対応
いたします。

一人で悩んだり解決しようとする前に
まずはプロにご相談ください。
ご相談者様がストレスを抱えず円満に
解決できるよう、どんなお悩みでも
早期対応いたします。

夫が不倫を認めています。ですが、証拠がありません。慰謝料の請求は可能ですか?

相手が不倫を認めているのなら慰謝料請求することは可能です。
ですが、相手が途中で発言を覆す可能性があります。そのため念書もしくは合意書を事前に交わすようにしましょう。

メールやLINEでのやりとり、画像などは証拠として使えますか?

内容によっては証拠として使えることはあります。
ですが慰謝料請求をする場合、不貞行為(肉体関係)の判断材料となる内容でなければ証拠として使えないこともあります。

慰謝料請求だけではなく、相手に対して他にも要求することは可能ですか?

法律上認められるのは慰謝料請求のみですが、不倫相手と合意をした上で謝罪文もしくは誓約書を作成することは可能です。
気をつけることとして、相手の同意を得ずに一方的なものを作成しないようにしましょう。場合によっては逆に訴えられることもあります。

不倫にも時効はあるのでしょうか?

不倫にも時効はあります。相手が不倫をしている事を知り、かつ不倫相手が誰か確認できて3年経つと時効になります。なので、相手が不倫をしていると知ったらすぐに動くことを心がけて下さい。

専門家ではなく、一般人が作成した示談書・念書に効力はありますか?

双方了承を得ているのならば、記載された内容が正当である限り効力はあります。
ですが専門家を介さずに作成する、内容に不明確な箇所があると後々トラブルになることがあります。

夫が職場の後輩の女性社員と浮気をしていて、すぐに離婚と不倫相手に慰謝料請求をすることになりました。
幸いにも残していたLINEのやりとりが証拠になり、夫から慰謝料をもらえることができました。
勿論不倫相手からもしっかり頂きました。結果145万円を獲得しました。

夫と馴染みの店の店員との浮気が発覚。自分達だけで話し合いの場を設けましたが慰謝料の話になると相手の態度が急変。どうにもならなかった為相談をしました。
なかなかとりあってくれませんでしたが、説得の末、慰謝料の支払いに応じることを約束。160万円を獲得しました。

夫の行動が怪しいということで興信所に依頼したところ浮気が発覚。
夫との離婚と同時に、浮気相手に慰謝料を請求することになりました。
私の要望で、浮気相手とは会いたくなかったので慰謝料ホットラインが代わりに直接浮気相手と交渉をしてくれました。 離婚による精神的なダメージを理由に慰謝料を請求し、慰謝料250万円で合意に至りました。

夫の行動が怪しいということで興信所に依頼したところ浮気が発覚。
夫との離婚と同時に、浮気相手に慰謝料を請求することになりました。
私の要望で、浮気相手とは会いたくなかったので慰謝料ホットラインが代わりに直接浮気相手と交渉をしてくれました。 離婚による精神的なダメージを理由に慰謝料を請求し、慰謝料250万円で合意に至りました。

夫が私の友人と浮気をしていました。
友人は長い付き合いのある相手だったので辛かったですが、悩んだ末に慰謝料を請求することにしました。
結果、友人に浮気をされるという精神的なダメージが強いということで、通常より大幅な慰謝料(今回の場合は)300万円を獲得しました。

夫が私の友人と浮気をしていました。
友人は長い付き合いのある相手だったので辛かったですが、悩んだ末に慰謝料を請求することにしました。
結果、友人に浮気をされるという精神的なダメージが強いということで、通常より大幅な慰謝料(今回の場合は)300万円を獲得しました。

■内容証明郵便作成
・不倫の慰謝料請求
・貸したお金の返金請求
・養育費の支払い請求
・養育費の減額請求
・財産分与の請求
・婚姻費用(別居中の生活費)の請求
・婚約破棄の慰謝料請求
・妊娠中絶の費用請求
・暴行の慰謝料請求
・傷害の慰謝料請求
・名誉棄損の慰謝料請求
・交通事故の慰謝料請求
・敷金の返金請求
・賃貸マンション等の引っ越し時の退去費用の減額請求
・未払い給料の請求など
・本人名 (考案・作成・発送)
16,200円 ~ 32,800円
・行政書士名 (考案・作成・発送)
21,600円 ~ 54,000円
(郵送代等実費は別途 ※約2,000円前後)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
■内容証明郵便作成 (同案件2通目以降)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
・本人名 (考案・作成・発送)
10,800円 ~ 27,000円
・行政書士名 (考案・作成・発送)
16,200円 ~ 48,600円
(郵送代等実費は別途 ※約2,000円前後)
■内容証明郵便チェック (校正)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
5,400円~16,200円/通
■契約書作成
・離婚協議書
・結婚契約書 (婚前契約書)
・夫婦間のルール契約書
・示談書
・合意書
・和解書
・契約書
・誓約書 (煩雑な書式)
32,400円~
■公正証書作成 (上記、8項目の契約書)43,200円 ~ 108,000円
(公証役場での実費は別途)
■その他書類作成
・誓約書 (簡潔な書式)
・念書
・借用書
・要望書
・確認書
・離婚申込書
・嘆願書
・謝罪文など
10,800円 ~ 32,400円
■リーガルチェック
(様々な法的書類の有効無効の確認、説明、添削、コンサルティングなど)
5,400円/回
■公正役場での公正証書作成代理(出張可能) 10,800円 (1日1人、交通費別途)
■離婚届の証人 3,240円/人
■男女トラブル顧問
(書類作成、24時間メール対応可能、出張(交通費別途)、定期面談、定期電話相談、定期メール相談、考案、コンサルティング、カウンセリングを含むトータルサポート)
54,000円~
(3ヶ月間、4ヵ月目からは別途費用)
(内容証明郵便、2通まで無料作成
3通目から21,600円)
■その他各種相談
(浮気、親権、財産分与、DV、セクハラ、パワハラ、モラハラ、痴漢、ストーカー、つきまとい行為、嫌がらせ行為、押しかけ行為、待ち伏せ行為、強要行為、脅迫行為、強制わいせつ、強姦、暴行、傷害、恐喝、名誉棄損、出会い系詐欺、結婚詐欺、美人局、認知の問題、賃貸マンション等の退去する時のトラブル、いじめ問題、生活保護、様々なくらしのトラブルなど)
別途ご相談下さい
※上記料金は概算になりますので詳しくはお問い合わせください。