不貞行為をした自分が悪いからと請求された慰謝料を払う前に慰謝料請求ホットラインにご相談ください

突然送られてきた内容証明郵便や、電話などで慰謝料を請求されてしまえば誰でも冷静さを欠いてしまうことでしょう。
それでも、まずは深呼吸。慰謝料を請求している側は感情的になっていると思われます。できるだけ支払いを回避できるように交渉し、減額をしてもらえるように話し合う必要があります。

あなたは今、不倫なんてしなければ良かったと
後悔の気持ちでいっぱいだと思います。

けれど、してしまったことを
悔やんでいる時間はありません。

あなたにも言い分はあるはすです。
黙ったままだと請求された額をそのまま
支払わないといけないことになります。

そうなる前に、多数の男女トラブルを
解決したプロにご相談してください。

突然送られてきた内容証明郵便や、電話などで慰謝料を請求されてしまえば誰でも冷静さを欠いてしまうことでしょう。
それでも、まずは深呼吸。慰謝料を請求している側は感情的になっていると思われます。できるだけ支払いを回避できるように交渉し、減額をしてもらえるように話し合う必要があります。

あなたは今、不倫なんてしなければ良かったと
後悔の気持ちでいっぱいだと思います。

けれど、してしまったことを
悔やんでいる時間はありません。

あなたにも言い分は
あるはすです。
黙ったままだと
請求された額を
そのまま
支払わないと
いけないことになります。

そうなる前に、多数の男女トラブルを
解決したプロにご相談してください。

要求には慰謝料請求の他、謝罪や交際中止などといったことも記載されています。
不貞行為に走ってしまうほど好いていた相手と会えなくなるなど、感情に揺さぶられてしまいがち。ですがその前に慰謝料の請求額を確認して下さい。その金額、あなたは本当に納得して支払うことが出来ますか?
ケースによる為一概に言えませんが、不倫による慰謝料の相場は決まっています。

メールや電話、内容証明などで慰謝料請求をされるとパニックになってしまいます。
焦る気持ちを落ち着かせ、まずは請求に至るまでの内容が事実かを確認してください。
内容証明に記載された事実と異なっている場合、慰謝料を払わなくても済むケースもあります。事実無根の内容が書かれていないかをあなたの目でしっかりと見て下さい。

慰謝料を請求する為に必要なものとして、不貞行為の事実を裏付ける証拠があります。
請求する側は、証拠を持たずに慰謝料を請求することはできません。
証拠なんて残していない、相手のハッタリだと思って高をくくり何もしないでいると手遅れになることがあります。内容証明を受け取った時点で、行動を始めましょう。

不貞行為をしていない。相手が既婚者と知らなかった。にも関わらず請求者の感情的な言葉に翻弄され、後ろめたさから事実だと認めてしまうことが時にあります。
事実であることは認め、反する部分はしっかりと主張することが大切です。

そのためには、専門家に相談する事をオススメします。
請求者側もプロの弁護士を雇っている場合、あなただけでは対処しきれない部分も出てくるでしょう。

お一人で悩みを抱え込まないで
私たちプロにご相談下さい。
ご相談者様の問題を、早急かつ円満に
解決できるよう全力を尽くします。

お一人で悩みを抱え込まないで
私たちプロにご相談下さい。
ご相談者様の問題を、早急かつ
円満に解決できるよう全力を
尽くします。

相手に独身だと嘘をつかれていました。奥様に慰謝料を請求されましたが、全額支払わないといけませんか?

相手が結婚していることを隠して交際を続けていた場合、慰謝料を支払う義務はありません。
ですが、あなたが「結婚をしているのではないか」と気付くような状況や事情がある場合、例えば
あなたと不倫相手が同じ職場で働いているならば結婚をしていることに気付けると判断されます。
その場合、相手による慰謝料請求は認められます。

相手とは食事をしにいく程度で肉体関係はありません。それでも慰謝料は支払わないといけませんか?

不倫による慰謝料請求をできるかどうかの大きなポイントは、肉体関係があったかどうかです。
そのため、食事をしにいくだけ仲やメールだけのやり取りのだった場合は、たとえ慰謝料請求をされても、支払う義務はありません。

慰謝料の相場ってどうやって決まっているの?

慰謝料の金額は請求する側、される側の事情の2つに分けて決まっています。
請求する側の事情は、婚姻期間や精神的苦痛をどれほど受けたか、資産・収入など。
請求される側の事情は、交際期間や妊娠の有無、交際に至る経緯などで決まっていきます。

相手が離婚をしない場合は慰謝料が減額されるって本当ですか?

状況によりますが、不倫相手の夫婦が再構築を望んで離婚をしない場合慰謝料が減額されるケースもあります。まずは一度ご相談下さい。

職場の部下から「夫婦関係は破綻している」という言葉に誘われ肉体関係を結んでいました。しかし、夫婦関係は破綻どころか家庭円満。不貞行為が相手に知られてしまい慰謝料を請求されてしまいました。
相手に夫がいると知っていたものの、夫婦関係は破綻していると書かれたメールが証拠になってくれました。
おかげで数百万だったところを、30万まで慰謝料を減額することが出来ました。

出会い系サイトで出会った女性と交際していましたが、相手が家庭持ちと知ってすぐに別れました。まだ肉体関係を持つ前です。
ですが相手の旦那から慰謝料を請求されてしまい、びっくりしてすぐに慰謝料請求ホットラインに電話を掛けました。
相手は離婚をせずに慰謝料を請求してきたことと、私が相手が家庭持ちと知らなかったことを裏付けるメールの証拠があったおかげで慰謝料を払わずにすみました。

出会い系サイトで知り合った男性と肉体関係を結んでいましたが、4年前に相手の奥さんに不貞関係を知られて関係を解消。その後、連絡を取ることもしませんでした。
ですが、4年経った今になって奥さんから多額の慰謝料を請求されてしまいました。不貞行為の時効が成立し、相手方は離婚をするつもりはないとのことだったので慰謝料は支払わずに解決できました。
ひとりだったら請求金額を全額払っていました。慰謝料請求ホットラインにすぐ相談してよかったです。

半年近く交際を続けていた相手は既婚者だったようで、内容証明を送られてきて始めてそのことに気付きました。
肉体関係は結んでいましたが、旦那さんがいるとは知らなかったのでその旨を主張。それだけではなく、夫婦関係を壊すつもりはないことも伝えました。
当初は100万円という金額を請求されていましたが、30万まで減額していただき無事に解決することが出来ました。

■内容証明郵便作成
・不倫の慰謝料請求
・貸したお金の返金請求
・養育費の支払い請求
・養育費の減額請求
・財産分与の請求
・婚姻費用(別居中の生活費)の請求
・婚約破棄の慰謝料請求
・妊娠中絶の費用請求
・暴行の慰謝料請求
・傷害の慰謝料請求
・名誉棄損の慰謝料請求
・交通事故の慰謝料請求
・敷金の返金請求
・賃貸マンション等の引っ越し時の退去費用の減額請求
・未払い給料の請求など
・本人名 (考案・作成・発送)
16,200円 ~ 32,800円
・行政書士名 (考案・作成・発送)
21,600円 ~ 54,000円
(郵送代等実費は別途 ※約2,000円前後)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
■内容証明郵便作成 (同案件2通目以降)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
・本人名 (考案・作成・発送)
10,800円 ~ 27,000円
・行政書士名 (考案・作成・発送)
16,200円 ~ 48,600円
(郵送代等実費は別途 ※約2,000円前後)
■内容証明郵便チェック (校正)
(一般案件と特殊案件によって料金が異なります)
5,400円~16,200円/通
■契約書作成
・離婚協議書
・結婚契約書 (婚前契約書)
・夫婦間のルール契約書
・示談書
・合意書
・和解書
・契約書
・誓約書 (煩雑な書式)
32,400円~
■公正証書作成 (上記、8項目の契約書)43,200円 ~ 108,000円
(公証役場での実費は別途)
■その他書類作成
・誓約書 (簡潔な書式)
・念書
・借用書
・要望書
・確認書
・離婚申込書
・嘆願書
・謝罪文など
10,800円 ~ 32,400円
■リーガルチェック
(様々な法的書類の有効無効の確認、説明、添削、コンサルティングなど)
5,400円/回
■公正役場での公正証書作成代理(出張可能) 10,800円 (1日1人、交通費別途)
■離婚届の証人 3,240円/人
■男女トラブル顧問
(書類作成、24時間メール対応可能、出張(交通費別途)、定期面談、定期電話相談、定期メール相談、考案、コンサルティング、カウンセリングを含むトータルサポート)
54,000円~
(3ヶ月間、4ヵ月目からは別途費用)
(内容証明郵便、2通まで無料作成
3通目から21,600円)
■その他各種相談
(浮気、親権、財産分与、DV、セクハラ、パワハラ、モラハラ、痴漢、ストーカー、つきまとい行為、嫌がらせ行為、押しかけ行為、待ち伏せ行為、強要行為、脅迫行為、強制わいせつ、強姦、暴行、傷害、恐喝、名誉棄損、出会い系詐欺、結婚詐欺、美人局、認知の問題、賃貸マンション等の退去する時のトラブル、いじめ問題、生活保護、様々なくらしのトラブルなど)
別途ご相談下さい
※上記料金は概算になりますので詳しくはお問い合わせください。