収入も財産が無いと言ってた夫から隠し財産を見つけ離婚した解決事例

【夫には財産がなく、離婚のときには財産分与は諦めるしかなかった。】
【夫は「お金がない」と主張しているが、実は収入があるのではと疑っている。】
……収入も財産もないと思っていた夫の財産調査をすることで、隠し財産を見つけることがあります。
離婚をすると養育費や生活費など、お金が必要になります。
本来、財産分与は正当な権利であり、離婚時の不当な共有財産の隠蔽は立派な権利侵害です。
自分が苦しむ前に、まずは相手の財産を調べてみてはいかがでしょうか。
このページでは、収入や財産がないと言っていた夫から隠し財産を見つけ、財産分与をした上で離婚したケースを紹介します。

財産がないと主張した夫……隠し財産を見つけ離婚した解決事例

ケース①財産を調査すると……

相談者:50代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
夫の浮気を疑い離婚することを希望していましたが、夫から「浮気は事実無根」と拒否されていました。
Aさん側としても浮気の証拠があるわけではなく、調停で話がまとまりませんでした。
夫は体を壊していて現在無職。
財産も収入もないと考えていたため、たとえ離婚できても養育費など金銭面に関しては諦めていました。

解決方法

当社には訴訟前に依頼がありました。
Aさんに、なぜ夫の浮気を疑ったのかを聞いてみると、夫の携帯電話を見たとのこと。
ただし、現在はメールの本文は消去されてしまい証拠がないそうです。
そこで、夫婦共有のクレジットカードの履歴を確認してもらいました。
調査をしてみると、ホテル利用履歴が残っており、それが証拠となって離婚は成立しました。
さらにそのカード履歴から夫が豪遊していることが発覚。
その後、当社で夫の財産調査をしたところ、隠し財産を発見しました。
Aさんは共有財産として半分の金額を財産分与として得ることができました。

相手が財産はないと主張しても、隠し持っている可能性があります。
提携している興信所による調査も行えますので、ぜひ当社に相談してみてください。

ケース②多額の財産を隠し持っていた夫

相談者:40代女性
配偶者:夫、子供1人

相談内容

相談者は、夫と子育てについて意見が割れ、離婚を決意したBさん。
夫は離婚について同意したものの、収入が少なく財産がないため養育費は払えないと主張してきました。
たしかにBさんがパートに出ることで生活できていたので、夫の主張に納得していました。
しかし、子どもと生活をするにはパートの収入だけではやっていけません。
どうしたらよいのか困っていました。

解決方法

離婚後の生活費を計算すると赤字になってしまうと主張し、夫側に粘り強く交渉しました。
様々な調査を経て、夫が株で大儲けをしていたことが発覚。
5,000万円の隠し財産を持っていたことがわかりました。
判決で共有財産と認められ、見事に2,500万円を財産分与として得ることができました。

隠し財産は相手が自白したり、こちら側が突き止めないと知ることのできないお金です。
今後の生活のためにもきっちりと調査をしておきましょう。

隠し財産は罪になる?

答えはノーです。
へそくりだって隠し財産です。
宝くじが当たったけど、夫婦とは別口座に隠したとしても隠し財産になります。

これらを離婚する際に隠していてもなぜ犯罪にならないのか?

夫婦間には「親族相盗例」というものがあり、親族間で発生した一部の犯罪行為は刑罰を免除すると法で定められているのです。
隠し財産を持っているにもかかわらず、嘘の発言をし相手を騙した……ともなると、詐欺罪が適用されてもおかしくないのですが、原則として犯罪が成立することはありません。

相手が隠し財産を持っているのでは?と疑った場合の対処法

離婚する相手が財産を持っているかも……と疑っている場合、どのように対応すべきなのでしょうか。

相手に財産を提示してほしいと伝えても、ほとんどの人が持っていないと主張するでしょう。
証拠もない場合は、こちらとしても動きようがありません。
刑事や民事裁判であれば、発言の虚偽をしないと宣誓しなければいけませんが、調停にはそんなルールはありません。
意図的に調停を不成立にして調査のための時間を稼ぐか、弁護士に依頼するしかありません。

隠し財産から財産分与を請求することはできる!

隠し財産は罪にはならないものの、不法行為に違いはありません。
財産分与が適正ではなかったと、後に財産分与を求めることは可能です。
証拠さえしっかり掴めば、損害賠償請求の訴えを起こすこともできます。
財産分与の時効は2年です。
早急な対応を心がけましょう。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP