夫からのDVから子供を守るため離婚を決意した解決事例

『夫が子供に暴力を振るって困っている』。
『DVをしてくる夫。止めようとした子供にも暴力を振るう』。
今、家族間でのDVが問題となっています。
自分の愛する子どもに暴力を振るう夫に愛想をつかし離婚を決意する方も少なくありません。
このページでは、夫からのDVから子供を守るために離婚を決意し、成立させた事例を紹介します。

夫が子どもにDV! 子供を守るために離婚成立させた事例

ケース①スパルタな夫

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
昔夫がやっていたといスポーツを、夫の要望で子どもにやらせていました。
夫はスパルタ主義で、子どもに暴力を振るいながら教えていました。
その暴力が普段の生活でも振るわれるようになり、プライベートとの境目がつかないようになってきました。
夫に注意すると「関係ない」と一蹴。
子どもも精神的に限界がきていたので、離婚を決意しました。

解決方法

夫は調停において離婚に反対。
子どもの親権を求めていました。
しかも、弁護士などの代理人は通さず直接直談判する始末。
まずは母子の安全確保を第一に考え別居を進言。
結果、離婚成立。
親権も得ることができました。

DVから子どもを守るためにも安全確保第一で動きましょう。

ケース②夫の怯える子ども

相談者:20代女性
配偶者:夫、子供1人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
教育熱心な夫は、小さい頃から子どもに対して習い事をさせていました。
Bさんが「やりすぎなのでは」と注意すると、怒鳴り散らし物に当たりました。
子どもは夫に怯えるようになり、心に傷を負ってしまいました。
Bさんは子どものことを思い、離婚を決意。
離婚調停を申し立てました。

解決方法

夫は離婚を拒否し、Bさんの代理人に対しても暴言を吐くようになりました。
別居をするために手続きをしようものなら邪魔をしたり、Bさんの実家にまで現れる始末でした。
子どもは夫に対して更に怯えるようになったため、面談強要禁止等の仮処分を申し立てました。
結果、離婚は成立。
特に被害もなく安全に離婚することができました。

DVで離婚する場合、相手が思わぬ形で動いてくる場合があります。
面談強要禁止の仮処分などを申し立てて、夫が接近できないようにしておきましょう。
申し立てをする場合はプロに任せるのが最適です。

ケース③酒を飲むと豹変する夫

相談者:20代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は、夫の酒癖の悪さに困っているCさん。
普段は優しい夫ですが、お酒が入るとDVを受けるようになりました。
最近では激しさが増し、子どもにも手をあげるようになりました。
Cさんは離婚を決意しましたが、夫に逆上されないか不安でした

解決方法

お酒が入っていない時に離婚の話をすると、夫は謝罪をしてきました。
しかし、今まで受けた暴力は忘れられないと伝え離婚調停を申し立てました。
Cさんは念のため子どもと実家に戻り、身の安全を確保。
代理人を通して調停を開始しました。
DVの事実を証拠として提出し、離婚が成立しました。

DV夫と離婚の話し合いをするのならば、代理人を通しておくのがよいでしょう。

DV夫と別居をする際の不安

夫婦の間に子どもがいない場合、自分さえ逃げれば問題ありません。
しかし子どもがいるとそうはいきませんよね。
DV夫から逃げて、子どもと新しい生活をすることが賢明な選択です。
ただし、引越しをして新しい幼稚園や小学校に通う場合は、住民票を移さなければなりません。
そこでネックなのが、夫に新しい住所を知られることです。
事情を説明すると、教育委員会が適切に対応してくれることもありますので相談してみましょう。
[DVが原因で離婚する際の注意点]

まずは安全な生活を確保しよう

「子どもを抱えて1人で育てる自信がない」。
……夫の暴力を止めることしかできない日々を過ごしている方はいませんか?
DVが続くと最悪の場合死を招くこともあります。
まずは地域の相談支援センターで母子生活支援施設などを紹介してもらいましょう。
利用することで今後どのように生活すればよいのか考える時間が作られます。
思い切って相談すれば解決策が見つかるかもしれませんよ!

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP