妻からの慰謝料請求を減額させ、協議離婚を成立させた事例

離婚をするうえでネックになるのが、慰謝料請求です。
浮気をしてしまった場合などは慰謝料が生じます。
今後、生活もしていかなければいけないのに慰謝料は生活の安定を脅かすものです。
さらに調停や裁判離婚まで引っ張ると、労力も使いますし、精神的にも追いやられてしまいます。
ここでは、妻からの慰謝料請求を減額させて、さらに協議離婚まで成立させたケースを紹介します。

妻からの慰謝料請求を減額させ、さらに協議離婚を成立させた解決事例

ケース①浮気がばれて慰謝料請求された

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
浮気をしていたのが妻にバレてしまい、離婚を切り出されてしまいました。
しかし、Aさんと妻はすでに家庭内別居のような形になっており、夫婦関係は破綻していました。
妻は子供の養育費、多額の財産分与、さらに慰謝料まで要求してきました。
減額してもらえるように妻に掛け合いましたが、態度を軟化することはありませんでした。
どうすればいいのか分からなくなったAさんは、弁護士に依頼することにしました。

解決方法

まずは婚姻生活が破綻していたことを裏付ける証拠がないか探すことにしました。
Aさんは毎日日記をつけており、妻側の態度がだんだんと冷たくなっていく様子や、夫婦関係が破綻するキッカケとなった妻の言動などを詳細に書いていました。
さらに、妻側も男性がいることが発覚。
それらの材料を持って、相手側の弁護士を加えた4人で話し合うことになりました。
妻は浮気していたことを認め、慰謝料減額に成功。
さらに、相手側が再婚する意思があることから養育費などもなく離婚することができました。

慰謝料を請求されたら相手側にも落ち度がないか今一度調べても良いでしょう。

ケース②多額の慰謝料を請求された

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は自営業を営むBさん。
Bさんは妻との離婚を考えていました。
仕事でのイライラが溜まると、ちょっとしたことで妻に当たってしまい、そのたび妻は泣いていたそうです。
Bさんはそんな自分が嫌で仕方ありませんでした。
意を決したBさんは妻に離婚したいことを伝えました。
すると、妻側は激怒。
今まで耐えてきたのはなんだったのだと、子どもの養育費、慰謝料を請求してきました。
しかもBさんには払えきれないほどの金額を請求。
Bさんは困ってしまいました。

解決方法

弁護士に依頼したBさん。
弁護士は、養育費や慰謝料の相場や基準について話をし、妥当な金額を算出しました。
弁護士が代理人となって妻と交渉をスタートさせました。
交渉は難航しましたが、妻側が納得していない部分をしっかり話し合い、当初の金額の3分の1ほどの金額までダウンさせることができました。
交渉期間は約3ヶ月で協議離婚が成立。
お互いが納得するまで話し合えたことでスッキリしたようです。

金額が相場ではない場合、減額ができる場合があります。

ケース③浮気相手に慰謝料を請求

相談者:50代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は妻との離婚を考えているCさん。
数年前、一度離婚をしたいと伝えた時に妻が取り乱したため言い難い状況だったそうです。
Cさんはすでに結婚をしたいと思っている女性がおり、どうしても早く結婚したかったため、妻にしっかり話すことにしました。
妻は取り乱すことはありませんでしたが、女性側に慰謝料を請求。
数百万を勝ち取っていました。
妻はさらに夫側にも慰謝料を請求してきました。

解決方法

埒があかないと思ったCさんは、弁護士を連れ妻に離婚をしたいことを伝えました。
弁護士は、慰謝料の仕組みについて詳しく説明。
慰謝料は精神的苦痛による対価のため、すでに女性側から慰謝料をもらっている妻には満額支払う義務がないことを弁護士は伝えました。
しかし、Cさんは今までの謝罪の意味を込めて解決金という名目で100万円を提示。
妻に納得してもらい協議離婚が成立しました。

相手側がすでに慰謝料をもらっている場合は、慰謝料を支払わなくて良い場合があります。

話し合いで誠意を伝えることが大事!

相手側が慰謝料を請求してくるということは、何かに不満を持っているということです。
浮気などをしてしまったのなら、誠心誠意謝罪し、慰謝料を払わないのではなく、今支払えるのは、この金額だとはっきり伝えるべき
です。
代理人でもいいので、相手としっかりコンタクトをとって、怒りの加減を見極め、対策を講じることが大切なのです。
[妻から慰謝料請求されたときに確認するポイント]

協議離婚が最良の選択

離婚問題はデリケートです。
慰謝料請求をされると、調停離婚や裁判まで引っ張りがちです。
お互い納得したうえで離婚するのが最良の選択です。
喧嘩しても良いことはひとつもありません。
お互いの新しいスタートのためにも心穏やかに話し合いましょう。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP