不倫の慰謝料を請求されたら無料相談を!相談の前に行うべきこととは?

不倫の慰謝料を請求された場合にまず行って欲しいことは、法律の専門家の無料相談を利用することです。
不倫をされた方の中には、全て自分の責任だと一人で抱え込んでしまって、誰にも相談せずに対処されるケースも見受けられます。
しかし、法律の専門家の無料相談を利用すれば、慰謝料を支払う義務があるのか、慰謝料額は適切な金額なのか、減額の可能性があるのか、どのような方法で解決することが最適なのかを知ることができます。
そこで今回は、無料相談を利用したら「何を知ることができるのか」、「相談を受ける前にするべきこと」などについて解説していきます。

不倫の慰謝料でよくある相談内容

不倫の慰謝料について特に相談が多いのは次のような内容です。

・請求から解決までの流れが知りたい
・慰謝料の妥当な金額を知りたい
・専門家への依頼費用はどのくらいか
・被害者から職場や家族にバラすと脅されている
・不倫相手にも慰謝料の負担はしてもらえるのか

上記のような内容でお悩みの方が多いですが、専門家への無料相談で全て知ることができます。
不倫で慰謝料を支払うことは、何度も体験することではないでしょう。
わからないこと、不安なことがあるのは当然なので、専門家の無料相談サービスを利用して、疑問点が明確になった状態で進めたいものです。

不倫の慰謝料の相談をする際の注意点

不倫の慰謝料の相談をするときには、次のようなポイントをまとめたメモを作成しておくとスムーズです。

1.不倫相手との交際に至った経緯

まずは不倫相手との交際に至った経緯をまとめましょう。
もともとはどのような関係性であったのか、どのように出会ったのかという出会いのところから始め、交際した期間をまとめます。
途中に交際が継続していなかった期間があれば、該当する期間も明記するようにしてください。
そして不倫相手から夫婦に関する話を聞いていたなら、聞いた内容もよく思い出して書いておきましょう。
例えば離婚の話を進めている、現在は別居している、配偶者も不倫をしていたことがある……などの内容です。

もし不倫相手との子供を妊娠していたり、同棲したりしたことがあれば、妊娠・同棲の時期についても記しておいてください。
そして、現在も不倫関係は継続しているのか、それとも解消しているのかはっきりとメモしておくことも無料相談をスムーズにするには大切です。

2.相手の配偶者に不倫の事実が発覚した経緯

次に、不倫相手の配偶者に事実が発覚した経緯をまとめてください。
事実が発覚した時期やきっかけをまとめて、相手の配偶者が証拠を握っているようなら証拠の内容についてもメモします。
相手配偶者との話し合いを行ったことがあれば、話し合いをした内容についても詳しくまとめましょう。

3.慰謝料請求の内容

慰謝料請求の内容に関することも欠かせない情報です。
専門家への無料相談を利用するということは、慰謝料を請求されているケースが多いでしょう。
慰謝料の金額やその他の要求内容、書面での請求であったか、口頭での請求であったかなど、請求に関するすべての情報をまとめておいてください。
請求に対する回答期限や、支払期限も伝えられるようにしておきます。

相談のタイミング

専門家への無料相談を行うべきタイミングは、慰謝料を請求される前か、請求された後かによって変わります。
それぞれのケース別で相談のベストタイミングを解説します。

慰謝料を請求される前

慰謝料を請求される前であれば、相手配偶者に不倫の事実が発覚したかも知れない、もしくはすでに発覚したというとき、どちらでも無料相談を利用することはできます。

事実がすでに発覚して、配偶者との話し合いに行く前であれば、話し合いの際の注意点についてアドバイスを受けることができます。
事実が発覚したということは、慰謝料を請求する権利を得るということです。
話し合いの内容によって請求される金額が変わってくることもあるため、相手に対しやってはいけないこと、話してはいけないことなど、適切な対応方法について説明を行います。

不倫の事実が発覚した可能性があるという段階であれば、今後の適切な対応や、今後に展開される状況を説明します。
発覚した可能性があるという時点での相談はとても有益で、早めに無料相談を活用し、適切な対応をすることによって、慰謝料を請求されずに解決できるケースもあります。
不倫の際の相談は早めに行うに越したことはありません。

慰謝料を請求された後

すでに慰謝料を請求された後であれば、不倫関係のご事情を詳細に確認し、請求の妥当性について説明を行います。

例えば、慰謝料を請求された場合、3つの状況が考えられます。

・相手の誤解によって請求を受けた
・相手が既婚者だと知らずに請求を受けた
・相手が既婚者だと知っていて不倫をして請求を受けた

上記の3つのケースについて、無料相談では次のようにアドバイスします。

●相手の誤解によって請求を受けた

相手の誤解によって請求を受けたのであれば、まずは支払い義務の有無を明確にすることから始めます。
支払わなければならない状況なのかを判断し、今後の対応について整理し、説明を行います。
一切不倫をしていなかったにも関わらず請求を受けたのであれば、基本的に支払いの義務はありません。
状況を第三者の視点から分析してもらい、その後の対応について判断してもらうための相談となります。

●相手が既婚者だと知らずに請求を受けた

相手が既婚者だと知らずに交際していて、相手の配偶者から慰謝料の請求を受けた場合も、支払い義務の有無について明確にすることが第一です。
相手が既婚者だと知らなかった場合は、支払い義務がないことも少なくありません。
既婚者だと知らずに、無意識のうちに不倫関係を築いてしまっていた場合は、相手に対して事実関係、請求に正当な理由がないことを説明することで、慰謝料の支払いをせずに解決することができます。相談では相手に説明を行う上での注意点などのアドバイスを受けることができます。

●相手が既婚者だと知っていて不倫をして請求を受けた

相手が既婚者だと知っていて不倫をし、相手の配偶者から慰謝料の請求を受けた場合は、無料相談を利用することで慰謝料の妥当な金額や適切な解決の方法を知ることができます。
最初に支払いの義務を明確にすることから始めますが、既婚者だと知っていて不倫をしていた場合は、支払い義務が生じるケースがほとんどです。ただし、相手夫婦の関係が破綻していた場合などの事情によっては支払い義務が生じないケースもあります。
支払い義務があると判断できる場合、相手が請求してきた金額が必ずしも妥当であるとはかぎりません。
不倫の経緯、相手夫婦の状況等、裁判例を総合的に検討し、請求された金額の妥当性や今後の対応方法などについて相談で明らかにしていきます。

不倫の慰謝料問題は早めに無料相談を利用しましょう

不倫の慰謝料に関する相談は、なるべく早めに相談を行うことが大切です。
しかし窓口によっては、加害者であるということから親身に話を聞いてもらえないこともあり、冷ややかな対応によって傷ついたという話も珍しくありません。

当窓口では、24時間365日、いつでも無料で相談に対応しています。
加害者であったとしても、相手の要求に全て応じる必要はありません。
全てをご自身の責任と抱え込むことなく、まずは無料相談を利用しましょう。
当窓口ではどのような立場のご相談者様であっても親身に相談をお伺いしますので、内容を問わず気兼ねなくご相談ください。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP