全国24時間対応・相談無料 03-6300-0280

  • 【 ★コラム 】

    慰謝料の請求で念書のサインを求められたらどうすれば良い?

    2020年02月20日

      

    ★コラム

    不倫が交際相手の配偶者や自分の配偶者にバレてしまった場合、慰謝料の支払いについて書かれた念書への署名と押印を求められる可能性が高いです。自分が悪いからと非を認め、言われるがままに慰謝料を支払う書類にサインをしてしまう方もいますが、一度冷静になりましょう。

    本当にサインしても良いのかは十分に注意して決めなければならないからです。おさえておきたいポイントをチェックしておいてください。

    念書とは

    簡単に説明すれば「念のために残しておく書類」のことです。契約書の一種に該当するのですが、契約書ほどの効力はなく、一般的には念書だけで大きな効力を持つことはありません。

    しかし、後に正式な示談書や契約書を作る際には念書の内容が重要になってくることもあるため、効力が小さいからといって適当にサインしてはいけないのです。

    サインインをしてしまったからこそ、後の慰謝料の支払いで不利な状況に追い込まれてしまったといったケースも少なくありません。

    念書にサインを求められる状況とは

    大きく分けると2つあります。

    1つ目が、交際相手の配偶者に不倫がバレてしまい、その配偶者から不倫事実を認めた上で不倫関係を解消することを約束することや、慰謝料を支払うことに同意する念書へのサインを求められている状況。
    2つ目が、自分の配偶者に不倫がバレて、もう二度と相手と会わない、不倫をしないことや慰謝料を支払うことを約束するためにサインを求められている状況です。

    いずれの場合も、口約束だけでは信用できないと判断された際にサインさせられることになります。不倫をしている時点でその人への信頼は大きく落ちてしまうため、当然のことともいえるでしょう。

    念書にサインを求められたらどうすればいいの

    基本的に不倫をしていた側が用意するものというよりも、不倫をとがめる立場にある交際相手の配偶者や、自らの配偶者が自分で作成していることが多いです。自分の配偶者に念書を出されるだけでも戸惑いますが、不倫相手の配偶者が突然家を訪問してきて、そこで出された念書にサインを求められたりする状況だと気が動転してしまうこともあるでしょう。

    その場を何とかしてやり過ごしたい気持ちから深く考えずにサインをしてしまう方がいますが、その場でサインをするのはおすすめできません。相手から強くサインを求められたとしても、必ず冷静に慰謝料に関する内容を確認した上でサインするかどうかを決めなければならないのです。

    「今は気持ちが動転しているからこの場ではサインができない」と、はっきり伝えましょう。その上で○日までと期日を伝え、必ず返事をすることを約束します。

    場合によっては、浮気相手の配偶者から家に呼び出され、そこで念書を書かされる可能性もありますよね。相手が強く出て脅しのような形になる可能性も十分にあるでしょう。
    早く解放されたい気持ちからサインをしてしまう危険性もあるので、念書を書かされる可能性がある場合はファミリーレストランなど周りに人の目がある場所で話し合うことをおすすめします。

    人の目がある場所なら、相手から無理に引き止められた際に助けを求めることもできます。

    念書にサインをしない方がいい理由

    その場でサインをするのをおすすめできない理由としては、次のことが挙げられます。

    相手にとって有利な慰謝料の内容になっていることが多い

    内容は作成する人にとってかなり有利な内容になっているケースが多いです。確かに不倫の事実はあったとしても、慰謝料の支払いで一方的に不利になるのは避けなければなりません。

    サインと押印をした場合には記載されている慰謝料に関する内容を認めたことになってしまうので、あとからいくら「これは事実とは違う」と訴えたとしても覆すのは難しくなってしまいます。

    念書の内容がベースになり話し合いが進む

    交際相手の配偶者から強い口調でサインを求められ、その場から逃げ帰るためにうっかりサインをしてしまったものの、帰宅してから内容を見たら全く事実と異なることが書いてあったようなケースもあります。
    この場合もすでにサインをしているのなら、その内容がベースで今後の話し合いが進められていくことになるのです。

    万が一裁判などに発展した際にも念書の内容が考慮されるので、注意が必要です。相手からしてみれば自分にとって有利な証拠でもあるので、それをもとに強気な姿勢で慰謝料を請求してくる可能性もあります。

    念書にサインを求められたらプロに相談しよう

    内容がよく理解できない、サインして良いものかどうか悩んでいる方は、法律の専門家に相談したほうが良いでしょう。書類の中で認めてはいけない項目などがあった際に、専門的な目線でアドバイスをしてくれます。

    また、今後どのような形で話し合いを進めていけば良いのかも含めて相談が可能となっているので、できる限り自分にとって不利にならない形で進めていくためにも相談してみましょう。

    サインは慎重に

    念書がどのようなものなのか理解していないと、あまり深く考えずにサインしてしまうこともありますが、今回ご紹介したような結果につながってしまう可能性もあるので十分注意が必要です。

    不倫問題の解決は示談書を作成して行っていくのが一般的なので、後に作成する示談書で不利にならないためにも、念書にサインを求められてもその場では対応しないことを大前提としておきましょう。

    LINE@で無料相談!
    慰謝料問題記事カテゴリー
    トップへ戻る

    専門家と無料法務相談 年中無休24時間・全国対応中