慰謝料請求金を減額させ定期的な子どもとの面会を取り決めた事例

不貞行為をしてしまったら、ほとんどの場合は妻側から慰謝料を請求されます。
しかし、請求された通り支払う必要はありません。
本当に相場通りの金額なのか、そもそも自分は支払うことができるのかなど、弁護士と相談して対処する必要があります。
また、子どものとの面会も大切な時間です。
希望通りにはいかないにしても、戦う余地はあります。
ここでは、慰謝料請求金を減額させ、なおかつ子どもと定期的に会える面会交流を取り決めた事例を紹介します。

慰謝料請求金を減額させ、定期的な子どもとの面会を成功させた事例

ケース①高額な慰謝料を請求された

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
仕事先で知り合った女性と不貞行為に及び、妻に発覚。
夫婦関係は破綻状態となり、離婚の話し合いをすることになりました。
妻側は破格の慰謝料を請求してきました。
支払うこともできないAさんは困っており、弁護士に相談することにしました。

決方法

不貞行為は認め慰謝料を支払う意思はあるものの、どうしても減額をしたいAさん。
現在の収入が低く、支払う能力がないこと、養育費も支払っていくので子どもには定期的に会いたいなど条件を弁護士に話しました。
代理人として弁護士が妻側と協議することに。
謝罪をしっかり行い、今までの判例や慰謝料の相場、さらにはAさんの収入を見ても、明らかに慰謝料が高額であることを伝えました。

結果、慰謝料は減額。養育費を毎月支払うという条件で子どもとの面会もできるようになりました。

慰謝料の相場を確認し、本当に相場通りなのかチェックしておきましょう。
減額できる場合があります。

ケース②相手が弁護士を立ててきた場合

相談者:20代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
出会い系サイトで知り合った女性と不貞行為を繰り返していたところ、妻に知られてしまいました。
妻側は大変激怒しており、離婚をしたい旨と慰謝料の請求をしてきました。
慰謝料を請求されることは予想していたBさんでしたが、あまりにも浮世離れした金額だったため減額交渉に臨みました。

解決方法

妻側と何度も協議をしたBさん。
しかし、弁護士を立てている妻側は、なかなか慰謝料の減額をしてくれませんでした。
そこでBさんも弁護士を立てることに。
代理人同士でよい解決策はないか話し合ってもらうことにしました。
結果、慰謝料の減額に成功。
さらに、浮気をしておいて子どもとも会いたいというわがままな願いとわかっておきながら、面会交流もお願いしました。
すると、妻側は子どものためということで月に数回の面会交流を許してくれました。

弁護士をたてることでスムーズに事が運ぶ場合があります。

ケース③浮気が見つかって……

相談者:40代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は会社の上司と浮気をしてしまったCさん。
夫から抜き打ちのスマホチェックがあり発覚。
離婚することになりました。
お互い気持ちが冷めていた事もあり、離婚の話し合いはスムーズにいきました。
しかし、夫側は慰謝料を請求してきます。
収入が少ないCさんはどうすればいいのか困っていました。

解決方法

まずCさんは弁護士に相談することにしました。
現在の収入では慰謝料を一括で支払うのは難しいこと、子どもには会わせてほしいことなど、弁護士とCさんで条件面を共有しました。
夫側との話し合いは困難を極めましたが、条件を飲んでくれることになりました。
さらに慰謝料を減額し、子どもとの面会もできることに。
夫側は子どもから許してあげてほしいとお願いされたそうです。
子どもの優しさと夫の器の大きさにCさんは浮気をしたことを後悔しました。

一括の支払で難しい場合は、分割でお願いすることもできます。

慰謝料を減額できるのはどのような場合?

条件が重なれば、慰謝料を減額できる場合があります。
以下にまとめました。

  1. 相場とかけ離れた金額を請求された場合
  2. 収入や資産が少ない場合
  3. 深い反省と誠心誠意謝罪した場合

これらの条件が重なっても相手側から許してもらえなければ、減額は厳しいです。
謝罪して気持ちを伝えて情に訴えるしかありません。

慰謝料と子どもの面会交流について

不貞行為などをして生じる慰謝料の支払いや、面会交流についてうまくいかなければ、弁護士に任せてしまうのが一番です。
適切なアドバイスをしてくれますし、何より一緒に戦ってくれる仲間が増えるのは心強いです。
一度相談してみましょう!
[慰謝料請求された場合は専門家に相談]

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP