性的暴行を受けた際の慰謝料請求額の相場とは?

世の中には、過去にレイプ(強姦)や、強制わいせつをされて、悩み苦しんでいる人がいます。
その代償として加害者側を罪に問うのはもちろん、慰謝料も請求したいところです。
こちらのページでは、レイプや強制わいせつなどを受けた場合の慰謝料請求について紹介しています。

強制わいせつ、レイプに関する現状

強制わいせつをされたり、レイプをされた場合、被害者は刑事告訴をすることができます。 警察庁が発表したデータによると、10代前半〜30代後半の方が被害者となっており、被害者の9割以上が女性となっております。 しかし、闇の中に葬りされている事件が多くあるとも言われていますし、事実でしょう。 レイプされた被害者が慰謝料請求までにたどり着くまでには、相当な精神的労力がかかってしまいます。 まずは正しい知識をつけることが重要です。

性的暴行を受けて慰謝料請求する前に知っておきたいポイント

1.性的暴行を受けた際の慰謝料額の相場とは

性的暴行を受けた際の慰謝料(示談金)の相場は20万~1000万円と幅が広いです。
例えば被害者と加害者が知り合いだったケースや、未遂に終わった場合の示談金は50万円前後と言われています。
対して、1000万円近くの示談金を支払ったケースや、デリヘル嬢など性的サービスに対しての暴行でも200万円近い示談金を支払ったケースもあります。
なぜこのように性的暴行を受けた際の慰謝料請求の相場は幅広いのでしょうか?
理由の一つが慰謝料は損害賠償の一種のため、被害者がどれだけの苦痛を被ったかによって金額が変わるからです。
そして民事訴訟の場合、慰謝料は示談金の一部として支払われます。
示談金は当事者同士の話し合いで金額が決まるため、加害者側と折り合うことが出来、かつ現実問題として支払える金額であれば制限はないのです。
そのため、性的暴行の慰謝料の金額には相当の開きがあり、相場を出すのは困難なのです。
仮に裁判した場合、判決で確定した賠償金よりも、起訴前の示談金の方が高かったという場合があります。

2.性的暴行をしたら加害者側はどのような罰を受けるのか

旧強姦罪の刑罰は懲役最低3年でした。
しかし2017年に行われた法改正により、現在は最低でも5年以上の懲役を受けることになります。
たった2年の違い? と思う人もいるかもしれませんが、この2年は大きいです。
というのも、「3年以下の懲役の場合、執行猶予を付けることができる」と法律で定められています。そのため、懲役3年のときは、旧強姦罪を犯しても執行猶予がつく可能性がありました。
執行猶予がつくと、すぐさま刑務所に入る必要はなく、ある程度社会で日常生活を送ることができます。
そして、その間に犯罪を起こさなければ、刑務所に収監される必要がなくなってしまうのです。
これでは被害者側は浮かばれませんよね。
このような事情を鑑みた上で、2017年より懲役5年と重罰化され、情状酌量などで刑が軽くならない限り執行猶予はつかなくなりました。

3.慰謝料請求の流れを知っておく

性的暴行を受けた際の慰謝料請求は、通常の民事事件の示談と同じ流れになります。
まずは双方で話し合い、示談条件(和解の条件)を決めます。
条件が決まったら、示談書を作成し、示談の内容を記します。
最後に示談金(慰謝料)を受け取り、示談書にサインして終了です。
話し合いは連絡先さえ知っていれば、加害者側・被害者側、どちらから持ちかけても構いません。
が、現実的には被害者本人が加害者とやり取りするのはあまりにもストレスが大きいので弁護士や行政書士などの第三者に入ってもらうことを強くおすすめいたします。

4.示談の際は必ず示談書を作成する

示談書とは、話し合いの内容を記載する文書。のちの「言った」「言わない」のトラブルを未然防止するための書類です。
示談書を作るメリットは、示談が成立して、慰謝料を受け取れるにもかかわらず、加害者側が逃げて支払わなかったとき、示談書を証拠として民事裁判などの手続きをすることができます。
しかし受け取れなかったという被害を防ぐためにも、示談が成立した時点で、慰謝料を受け取っておいたほうがいいでしょう。
示談書は誰でも作成できます。
作成する際は、以下を必ず記入します。
  • 事件の内容(日時、場所、加害者や被害者の氏名など)
  • 示談金(慰謝料)の金額、支払い方法
  • 示談書に記されたもの以外、損害賠償義務はないという宣言(清算条項)
  • 加害者と被害者の署名(サイン)
  • 被害者が加害者を許すこと(宥恕条項)、被害者が告訴を取り下げること(告訴取消)
上記の内容を自分たちで上手く作成する自信がないときは、行政書士など専門家に依頼すると手っ取り早いです。

5.時効に気をつける

性的暴行を受けた際の慰謝料請求には時効があります。
時効は加害者を知ってから3年、性的暴行を受けてから20年です。
この期間を過ぎたあとに慰謝料を請求することはできませんので、注意しましょう。

性的暴行を受けて慰謝料請求したい! その場合、まずは専門家に相談を

性的暴行を受けたときの慰謝料請求のことは分かりましたか?
被害者なので告訴することも可能ですが、「早く解決したい」「面倒臭いことに巻き込まれたくない」という気持ちから、示談で終わらせる方も多いです。
それはそれであなたの判断です。
罪に問うのも、金銭で解決するのも、被害者が決めるべきことです。
ただ、性的暴行は立派な犯罪。被害者が受けた心の傷は深いはず。
少しでも早く解決するためにも、専門家への相談をおすすめします。
もしもあなたがレイプや強制わいせつを受けた被害者だった場合、慰謝料請求できる状態であれば問題はありませんが、親や友人にすら相談できず、一人で悩んでいる場合は、一度ホットラインに相談することをおすすめします。
電話相談は全国無料です。
当事者でないからこそ話せることもあると思います。あなたの勇気をお待ちしております。

>示談交渉で相場よりも高い慰謝料を獲得できた事例 慰謝料請求ホットラインBlog

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP