浮気・不倫の慰謝料は「内縁関係」「同棲相手」の場合でも請求できるの?

「内縁関係の相手が浮気・不倫をした」「同棲中の恋人が浮気・不倫をした」など、婚姻関係にないパートナーの浮気・不倫に悩まされている方はいらっしゃいませんか?
法律上は婚姻関係にないものの、夫婦同然の生活を送っている場合、浮気・不倫の問題は非常に深刻な問題といえます。
もし、内縁関係や同棲相手が浮気・不倫をしたら慰謝料は請求できるのでしょうか。

「内縁」と「同棲」は関係性が異なる

一つの住居で二人が生活するという共通点がある「内縁」と「同棲」。しかし、それぞれは法律上における関係性が異なります。
まずは「内縁」と「同棲」がどのような関係と判断されるのか、把握しておきましょう。

内縁は事実上の夫婦

内縁は婚姻関係ではないものの、「準婚関係」という関係性として認められています。
準婚関係とは、お互いが婚姻の意思を持ち、夫婦同然の生活をしているという関係で、いわゆる「事実婚の夫婦」といえます。
そのため、相続の権利がありますし、仮に内縁関係を解消した場合は「財産分与」が認められています。つまり、一般的な夫婦が離婚する際とほぼ同様の手続きや金銭のやりとりが発生します。

同棲は婚姻の意思が不明な関係

同棲は、内縁と比較すると、関係性が浅く判断されやすいのが事実です。
お互いの婚姻の意思が不明であるのが事実。また、同棲は「一時的な共同生活」も同棲として含まれるため、夫婦同然の関係とは言い難い状況といえます。
実際、内縁関係のように「相続」「財産分与」といった権利は認められておらず、仮に同居を解消したり、パートナーに万が一があっても、金銭のやり取りが発生することはありません。

浮気・不倫の慰謝料請求は「内縁関係」「同棲相手」でも可能?

浮気・不倫の慰謝料は「内縁関係」「同棲相手」でも請求できるのでしょうか。

内縁関係は可能

浮気・不倫における慰謝料の請求は「内縁関係」にあれば可能です。
内縁関係の場合は、婚姻した夫婦同様に貞操義務が発生します。そのため、浮気・不倫などをした場合は配偶者本人はもちろんのこと、浮気・不倫相手にも慰謝料を請求することができるのです。

同棲相手の場合は難しい

内縁関係ではなく「同棲」の場合は、慰謝料の請求が難しいのが現状です。
上記でも触れた通り「同棲」の関係は、一時的な共同生活も含まれることから、浮気・不倫をしても不貞行為として判断されないことがほとんどなのです。
とはいえ、浮気・不倫の慰謝料請求が絶対にできないというわけではなく、相手に支払う意思があれば請求することができます。

内縁関係にあることを証明するには

浮気・不倫の慰謝料を請求するには「内縁関係」にあることを証明しなければなりません。仮に自分が内縁関係にあったことを主張しても、相手に反論された際に正しく主張できなければ、慰謝料の請求は難しくなってしまいます。
ここからは、内縁関係にあることを証明する方法についてご紹介します。

同居期間について

まず挙げられるのが「同居期間」です。
同居期間が長期間に及ぶ場合は、内縁関係にあると主張しやすいもの。具体的な期間は明確に法律で定められているわけではありませんが、3年以上同居している場合は、内縁関係と認められやすい傾向にあります。

家計について

家計をどのようにやりくりしているのか、も内縁関係を主張するポイントの一つです。
お互いの収入を一つにまとめ、それを二人で管理しながら生活・貯金をしている場合は内縁関係と認められやすいでしょう。

親族との交流について

お互いの親族と「内縁関係」として交流があれば、内縁関係と堂々と主張できるでしょう。また、親族にも証言してもらえるため、内縁関係を認められやすいといえます。

家事の分担について

生活に欠かせない「家事」。お互いに分担していることで内縁関係を認められやすい傾向にあります。
どちらか一方が全ての家事を引き受けていると、もう一方が「ただ同居しているだけ」という状態を疑われてしまうかもしれません。
大きなチェックポイントではないものの、内縁関係として認められる可能性を高めるためにも、家事の分担内容を記録しておくことをおすすめします。

浮気・不倫の慰謝料請求は「内縁関係」のみ可能

今回ご紹介した通り、浮気・不倫の慰謝料は「内縁関係」のみ請求することが可能です。夫婦同然で生活している以上「貞操義務」が発生するもの。それが破られた場合は、配偶者本人及び浮気・不倫相手に請求することができます。
内縁関係にある配偶者が浮気・不倫をした場合は、慰謝料請求を検討しましょう。
また、「内縁関係」「同棲相手」の判断がつきにくい場合や、自分のケースが何に該当するのか曖昧な方は、ぜひ一度当方にご相談ください。お電話・LINEで無料で相談をお受けしています。
適切にアドバイスいたしますので、不安な気持ち、疑問に感じていることを教えてください。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP