浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースとは?具体的な事例についてご紹介

「浮気・不倫の慰謝料が高額になるのはどのようなケースなの?」「自分の場合は高額に慰謝料を請求できる?」など、浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースについて気になっている方は多いのではないでしょうか。
仮に、高額に請求できるのであれば、きちんと相手に請求したいもの。そのためには、高額になるケースについて把握しておかなければなりません。
そこで、今回は浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースについてご紹介します。

浮気・不倫の慰謝料の相場について

浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースについてご紹介する前に、まずは浮気・不倫の慰謝料の相場について解説します。
浮気・不倫における慰謝料の相場は、「離婚に至った場合」と「離婚に至らなかった場合」で異なります。
以下をご覧ください。

■離婚に至った場合    100~300万円
■離婚に至らなかった場合 数十万円~100万円

離婚に至った場合は、円満な夫婦関係を破壊したとしてみなされ、最低でも100万円以上の金額が請求できるケースが多いです。
一方、離婚に至らなかった場合は、夫婦生活への影響が少なかったとして判断されやすく、数十万円~100万円の慰謝料が相場となっています。
とはいえ、慰謝料の相場はあくまでも目安でしかありません。場合によっては、相場と大きく外れた慰謝料の請求となることもあります。

浮気・不倫の慰謝料が高額になるケース

浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースにはどのようなケースが挙げられるのでしょうか。

肉体関係を持った回数が複数回

まず挙げられるのが「肉体関係を持った回数」です。
肉体関係を持ったのが一度きりではなく、複数回にも及ぶ場合は「肉体関係を持った回数が多い」とされます。夫婦の円満な関係への影響が大きいと見なされ、慰謝料が高額になりやすい傾向にあります。

浮気・不倫相手の言動や意図

浮気・不倫相手に夫婦仲の関係を壊すような言動や行為があれば、慰謝料が高額になることもあります。
例えば、「離婚させて自分と結婚させる」「夫婦仲を悪くしたい」など、夫婦生活に影響を及ぼすような言動があった場合は慰謝料が高額になりやすいもの。また、不貞行為が発覚した後も、浮気・不倫の関係を継続した場合も同様に、夫婦関係を壊す行為として判断されやすいです。

浮気・不倫相手が妊娠・出産をした

浮気・不倫相手が配偶者子どもを妊娠・出産した場合、夫婦の円満な生活に大きな影響を及ぼすとして、高額な慰謝料を請求できることがあります。
また、既に中絶していた場合も慰謝料を請求できる可能性が高いため、浮気・不倫相手の状況はきちんと確認しておくことをおすすめします。

虚偽の主張をした

「不倫をしていない」「ただの友人関係」など、嘘の主張をした場合は慰謝料が高額になる傾向にあります。
嘘をつくことで「反省していない」と見なされ、悪質であると判断されるもの。この場合は慰謝料を増額して請求できる可能性が高くなります。

約束を破る

過去に浮気・不倫が発覚し、「今後は一切私的な接触はしない」と約束したにも関わらず、それが破られた場合は、悪質であるとして高額な慰謝料を請求できることが多いです。
そのため、一度浮気・不倫が発覚した時点で、書面などで約束の内容を残しておくことがおすすめ。「言った、言わない」の問題を回避することにもつながり、慰謝料の請求で有利になります。

浮気・不倫相手の資力が高い

浮気・不倫相手に経済的な余裕があったり、社会的地位が高い場合は慰謝料を高額に請求できる可能性があります。
その理由は「慰謝料の相場金額では懲罰になりにくい」と判断されることからです。実際、年収1億円を稼ぐ方にとって、100万円の慰謝料は負担ではないのが事実。そのため、浮気・不倫相手の資力や社会的地位で慰謝料の金額が左右されるのです。

配偶者が金銭を貢いでいた

配偶者が浮気・不倫相手に金銭を貢いでいた事実があれば、高額な慰謝料を請求できる可能性があります。
貢いでいた金額によって増額する金額も異なるため、明確な証拠を保存し、貢いでいた事実を主張しましょう。

浮気・不倫の慰謝料は適切な金額を請求しましょう

浮気・不倫の慰謝料は、意外にも「高額になるケース」が多いものです。そのため、自分の状況と照らし合わせて、「増額できるポイントはないか」としっかり確認しなければなりません。
また、今回ご紹介した「慰謝料が高額になるケース」の他にも、状況によって高額な慰謝料を請求できる場合があります。
まずは、専門家などのプロに相談し、どれくらいの慰謝料が望めるかを確認しておきましょう。
当方でも、お電話・LINEの無料相談で慰謝料の適切な金額についてご案内しています。自分での判断が難しい場合は、お気軽にご連絡ください。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP