不倫する妻の不倫相手に、慰謝料の請求を認めさせた事例

不倫した妻。
あれだけ信頼していたのに裏切られた……。
しかも、不倫相手は反省の色がない。
慰謝料請求をしても、お金では解決できない部分もある。
誠心誠意謝罪もしてほしい。
ここでは「不倫した妻の相手に、謝罪と慰謝料を請求した事例」と題して、成功した事例を紹介します。
もし同じ状況の方がいるのならば、是非参考にしてください。
良い結果になるように祈っております!

不倫した妻の相手に、謝罪と慰謝料を請求した事例

ケース①……反省しない浮気相手

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
子どもにも恵まれ、幸せに暮らしていると思っていました。
しかし、妻が浮気をしていることが発覚。
早速、浮気相手と話し合いが持たれましたが、相手は全く反省していません。
なんと、感情をむき出しにしてAさんに食ってかかってきたのです。
反省の色がないと感じたAさんは慰謝料を請求することにしました。

解決方法

Aさんと浮気相手ともに弁護士を立て、代理人同士で話し合いをすることになりました。
やはり反省の色が見られないため、まずは慰謝料を請求。
訴訟した結果、解決金として200万円が支払われました。
さらに、浮気相手からの謝罪、Aさんの奥さんに二度と会わないことなどが約束されました。

ケース②……一度は注意したのに

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
最近妻の行動を怪しく感じていたBさんは、内緒でスマホを見ました。
すると、SNSで出会った男性らしき人と頻繁に連絡をとっていたのです。
Bさんは、妻に激怒。
その場で相手にも電話をし、話し合いがなされることに。
一旦は不倫相手との関係を清算すると約束してくれました。
しかし、Bさんの妻はあの不倫相手とこっそり会っていたのです。
Bさんは、不倫相手に慰謝料を請求し、二度と妻に会わないと約束をとりつけようと考えました。

解決方法

事前に内容証明などを送り、慰謝料の請求と妻と会わないことを求めていたのですが、取り合ってもらえません。
Bさんは弁護士の力を使って裁判を提起しました。
探偵を雇って集めた証拠をもとに、浮気を認めさせ慰謝料を請求しました。
さらに、注意をしたのにもかかわらず、再び会っており、反省の色がないと主張しました。
結果的にBさんは慰謝料を獲得。
浮気相手からは謝罪もしてもらいました。

ケース③……部下との浮気

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は会社社長のCさん。
最近、一回り若い女性と再婚したCさんは、プライベートも仕事も充実した生活を送っていました。
しかし、Cさんの妻は浮気をしていたのです。
しかも相手は会社の部下でした。
失意のどん底に落ちたCさんは、部下に慰謝料の請求をすることにしました。
早速弁護士を呼んでいろいろな手続きを開始したCさん。
しかし、忙しさにかまけて妻の相手をしてあげられなかったのは自分かもしれないと反省をしたのです。
結局妻と部下を許しました。
それから2年後、じつは2人の関係が続いていたことが発覚。
怒りに震えたCさんは訴訟を起こし、慰謝料を請求することにしました。

解決方法

Cさんはお金というよりも、部下の誠意が見たかったのです。
部下は誠心誠意謝罪し、解決金として100万円の支払いを約束してくれました。
心に深く傷を負ったCさんは、妻と離婚し、仕事に邁進することにしました。

意見はしっかり主張をしよう!

やはり裁判官にしっかり伝えないと、分かってもらえません。
慰謝料を貰いたいのなら、不貞行為(肉体関係)があった証拠を提出し、アピールするのです。
また、浮気相手に反省の色が見られず謝罪をしてほしいならば、しっかりとその旨を相手に伝えましょう。
裁判をする前に公正証書で求めても問題はありません。
[慰謝料請求で失敗しないために]

プロに任せて確実に慰謝料を獲得しよう!

慰謝料を獲得したいのならば、プロに任せてしまうのが一番です。
やはり素人ですと、経験値が足りませんし、何より相手が弁護士を雇った時が厄介です。
確実に慰謝料を勝ち取るためにも、プロにお願いしましょう!

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP