慰謝料請求ホットライン > 慰謝料請求したい方必見!慰謝料請求する前の確認項目10 > 慰謝料請求の相場が知りたい

慰謝料請求額の相場はどれくらいが一般的なのか?

パートナーの浮気や不倫が発覚した、相手のDVに耐えきれずに離婚、そんな人生の局面に受ける精神的苦痛は図り知れません。
そんな精神的苦痛に対しての損害賠償が慰謝料です。
慰謝料請求を行う際に一番気になるのが、一般的な相場ではないでしょうか。
どのケースで、それぞれどのくらいの慰謝料が取れるのか?
ここではその相場や、慰謝料請求額を左右するポイントをご紹介します。

慰謝料請求額はどのように決まるの?

「慰謝料請求額の相場は〜」とよく言われるため、なにか慰謝料請求額を決める明確な基準があると思っている方は多いと思います。
しかし、実は慰謝料請求額を決める明確な基準はありません。
基本的には過去の裁判事例と、子供の有無、婚姻期間の長さなど、精神的苦痛の大きさの度合いによって慰謝料請求額は増減します。
一般的な相場と呼ばれるものは裁判によって決まる慰謝料請求額であり、もしお互いの話し合いで和解する場合などは1000万円、2000万円と高額になるケースもよくあります。

不倫による慰謝料請求額の相場

妻もしくは夫の不倫(不貞行為)により慰謝料請求する場合、その一般的な相場は100〜300万円ほどです。
中には離婚をせずにそのまま夫婦関係を継続させていくケースもあり、慰謝料が100万円以下になることもあります。
また、子供がいる場合や、相手の社会的影響力が高かったりすると300万円以上となることもあります。

※「不倫」は配偶者以外の異性と関係を持つ行為を差し、どちらかが既婚者であるケースに用いられます。

不倫による慰謝料請求額を左右するポイント

妻もしくは夫の不倫(不貞行為)により慰謝料を請求する場合 、以下に挙げたようなポイントで、慰謝料請求額は増減します。
慰謝料は原則として相手の精神的苦痛に対して支払うものなので、その精神的苦痛が大きいと推測されるほど、慰謝料請求額は増加する傾向があると考えます。

・子供の有無…子供がいる例では慰謝料請求額が増える傾向
・子供の精神状態の変化…明らかな精神状態の悪化が認められる場合、慰謝料請求額が増える傾向
・配偶者の精神状況の変化…うつ病、自律神経失調症など明らかな精神状態の悪化が認められる場合、慰謝料請求額が増える傾向
・婚姻関係の破綻…破綻が認められると慰謝料請求額が増える傾向
・不倫(不貞行為)の期間・回数…期間が長いほど、回数が多いほど慰謝料請求額が増える傾向
・不倫(不貞行為)の内容…同棲などが認められたケースでは、慰謝料請求額が増える傾向
・婚姻期間の長さ…長いほど慰謝料請求額が増える傾向
・故意、過失の有無…故意に不倫に及んだと認められる場合、慰謝料請求額が増える傾向
・主導者かどうか…主導していた際、慰謝料請求額が増える傾向
・妊娠の有無…妊娠があると慰謝料請求額が増える傾向
・社会的地位の高さ・社会的影響力の大きさ…社会的地位が高く、社会的影響力が大きいほど相場によらず慰謝料請求額が増える傾向
・反省や謝罪の有無…反省や謝罪が無い場合、慰謝料請求額が増える傾向
・嘘の供述…不倫関係を隠し、嘘の供述をしていた場合、慰謝料請求額が増える傾向
・資金力…収入や資産が多いほど一般的な相場によらず慰謝料請求額が高額になる傾向

慰謝料請求できない・支払わなくて良いケース

慰謝料は相手の精神的苦痛に対して支払われるものですが、中には以下のようなケースもあります。
こういった際には慰謝料請求できない、もしくは支払わなくて良い可能性が高いと言えるでしょう。

・不倫相手が既婚者であることを知らなかった
・時効…慰謝料請求の時効は「不倫相手と、不倫の事実関係を知ってから3年」「不倫から10年」です。時効成立の場合、慰謝料請求はできません。
・慰謝料放棄…不倫をされた側が慰謝料を放棄した場合は支払う必要はありません。
・証拠の有無…証拠が無い場合、請求できない可能性が高くなります。
・肉体関係が無い…肉体関係が無いのであれば、それを証明することで支払わなくて良い可能性が高くなります。

浮気による慰謝料請求額の相場

「浮気」による慰謝料請求額の相場は、既婚者の場合は100〜300万円ほどです。
未婚者の場合は通常請求することができません。
しかし、たとえば婚約期間中の「浮気」による婚約破棄や内縁関係などについては慰謝料請求することができ、その相場は100〜300万円ほどです。
また、個人のさまざまな事情によって慰謝料請求額は増減します。

※「浮気」は未婚者同士の場合、既婚者の場合の両方に用いられます。ここでは未婚者同士のことを「浮気」としています。
※内縁関係…婚姻届を出していないが、夫婦生活を営んでいる事実上の夫婦関係

浮気による慰謝料請求額を左右するポイント

浮気による慰謝料請求額も、浮気された側の精神的苦痛の大きさによってその相場は増減します。
既婚者であれば上記のようなポイントで、未婚者であれば次のように2人の関係性などをしっかり証明することが大前提です。
既婚者と同等の関係性が認められて初めて精神的苦痛の大きさに応じた慰謝料請求をすることが可能になります。

慰謝料請求できない・支払わなくて良いケース

浮気による慰謝料請求の大前提が2人の関係性を証明することです。
そのため、内縁関係、もしくは婚姻関係が証明できない場合には、その相場に関係なく慰謝料請求できないケースがあります。

離婚による慰謝料請求額の相場

「離婚」によって慰謝料請求をする場合、離婚自体によって受ける精神的苦痛、またはその原因によって受ける精神的苦痛に対して慰謝料請求することができます。
これも個人の事情によって変わりますが、その一般的な相場は100〜300万円程度です。
これはあくまで裁判で法的に判断された慰謝料請求額の相場です。
もし協議離婚の条件として1000万円を超える高額な慰謝料で合意する場合や、離婚による慰謝料の場合には離婚後の相手の生活を保障するという意味で相場によらないケースもあります。

離婚による慰謝料請求額を左右するポイント

離婚による慰謝料請求額は以下のように受けた精神的苦痛の大きさによって増減します。

・離婚の原因…どちらかに不倫やDV、またはそれと同等の行為があった場合、増額傾向
・婚姻期間の長さ…長いほど慰謝料請求額が増える傾向
・社会的地位の高さ、社会的影響力の大きさ…社会的地位が高く、社会的影響力が大きいほど相場によらず慰謝料請求額が増える傾向
・年齢…高齢なほど慰謝料請求額が増える傾向
・子供の有無…子供が多いほど慰謝料請求額が増える傾向
・お互いの過失のバランス…明確な離婚の原因がない場合、過失相殺の考え方から相場によらず、慰謝料請求額が減る、もしくは相殺されて0になる可能性もあります。
・離婚後の相手の生活…保障が必要なケースには慰謝料請求額が相場によらず、増える傾向

慰謝料請求できない・支払わなくて良いケース

離婚による慰謝料請求の場合、不倫、DVまたそれと同等の行為が双方いずれかにない限りは、お互いに破綻の理由があるという「過失相殺」の考え方が適応されます。
そのため、お互いに同等の破綻理由が存在すると認められた場合には慰謝料がゼロになってしまうこともあるのです。
この場合にはもちろん慰謝料請求することはできませんし、支払う必要もありません。

次のページでは慰謝料請求したい方向けの情報をまとめています。

慰謝料請求額の相場なら当社にご相談ください
 

不倫や浮気、離婚による慰謝料請求額は個人の事情や、相手の不貞行為を証明する証拠の有無などによって大きく相場が変動します。
「相手からより高額な慰謝料を取りたい」「自分がいくらぐらい慰謝料請求できるのか、その相場を知りたい」そんな方はぜひご相談ください。
全国24時間、何度相談して頂いても料金はかかりません。
これまで13960件以上の慰謝料問題を解決に導いた弊社だからこそできるアドバイスがあります。

関連コンテンツ
 

トップへ戻る