全国24時間対応・相談無料 03-6300-0280

  • 【 ★コラム 】

    浮気・不倫における「浮気・不倫相手」からのよくある反論と対策

    2019年06月11日

      

    ★コラム

    浮気・不倫相手に慰謝料を請求したら、反論されてしまい請求が困難になった…といった経験をしたことがある方は意外にも少なくありません。
    反論の内容が正確であり、慰謝料を請求できるような状況でない場合には仕方がありませんが、場合によっては虚偽の事実に基づいて反論してくるケースもあります。鵜呑みにしてしまうと、請求側が損をすることになってしまうため注意しなければなりません。
    そこで、今回は浮気・不倫相手からのよくある反論とその対策についてご紹介します。

    浮気・不倫相手からのよくある反論と対策

    さっそく、浮気・不倫相手からのよくある反論と、その対策についてご紹介します。

    浮気・不倫はしていない

    比較的多い反論であるのが「浮気・不倫の事実はない」というものです。
    浮気・不倫の問題に対して慰謝料を請求したものの、それが「誤解」「勘違い」などの場合は相手に慰謝料を請求することはできません。
    しかし、場合によっては相手が嘘を言っている可能性があります。請求者側の証拠が不十分であることを理由に「浮気なんてしていない」と反論するケースは少なくありません。
    メッセージアプリやメールの履歴、会う頻度、訪れる場所などあらゆる記録を残しておきましょう。

    既婚者であるとは知らなかった

    配偶者が、浮気・不倫相手に「独身」と偽るケースもあります。これが事実である場合は、浮気・不倫相手に慰謝料を請求することはできません。
    しかし、仮にこれが嘘である場合は、慰謝料を請求する権利があります。相手が既婚者であると理解しているととれる言動や行動などはないかチェックし、必要に応じて配偶者にも事実を確認しましょう。

    配偶者に無理やり肉体関係を結ばされた

    「脅された」「眠っているときに襲われた」「泥酔状態だったから知らない」など、配偶者が浮気・不倫相手に無理やり肉体関係を迫る場合があります。この場合は慰謝料の請求ができませんが、そうでない場合は慰謝料の請求が可能です。
    例えば「自宅に招き入れた」「休憩するだけ、という名目でホテルに行った」など、肉体関係を持つ可能性がある状況であった場合は、「無理やり」という反論は正しくありません。

    「夫婦仲が悪い」と聞いていた

    配偶者が、浮気・不倫相手に「夫婦仲が悪い」と話している可能性もあります。しかし、実際にそのような事実が無ければ、仮に「夫婦仲が悪いと聞いていた」と反論されても、「そのような事実はない」と主張すれば問題ありません。

    交際はしていたが肉体関係は結んでいない

    交際はしていたものの、肉体関係を結んでいないと反論されることもあります。確かに、肉体関係を結んでいない場合は、「不貞行為」として見なされることは少ないもの。場合によっては慰謝料を請求できない可能性もあります。
    しかし、仮に肉体関係を結んでいなくても、その親密な交際が夫婦関係に影響を及ぼした場合は、慰謝料を請求できます。
    また、肉体関係の有無に関わらず「ホテルの出入り」「自宅の出入り」などの証拠があれば、肉体関係があった可能性が高いとして判断されやすく、慰謝料を請求しやすくなります。

    浮気・不倫相手からの反論は鵜呑みにしないことが大切

    浮気・不倫相手から反論されると「慰謝料は請求すべきではなかったのだろうか」「不適切な行動だっただろうか」と頭を抱えてしまうもの。
    もちろん、相手がきちんと事実を伝えていて、そのうえで慰謝料の支払い義務がない場合は慰謝料を請求することはできません。
    しかし、中には「その場しのぎの嘘」をつく方も多いのが事実です。そのため、鵜呑みにしないことをおすすめします。

    浮気・不倫相手からの反論には冷静に対処しよう

    浮気・不倫相手から反論されても、慌てずに冷静に対処することが大切です。
    もし、自分で対応することに不安がある場合は、専門家への依頼がおすすめ。専門家の視点で相手の反論、状況、証拠などから適切に慰謝料を請求してくれます。
    ぜひ、慰謝料の請求を検討している方は、専門家への依頼も視野に入れながら、落ち着いて対処しましょう。
    また、当方では相手からの反論にも適切に対応できるため、「自分で対応するのが不安」という方はぜひご相談ください。
    あらゆる知識、経験を積んだ専門家が、慰謝料請求へと進めていきます。

    LINE@で無料相談!
    慰謝料問題記事カテゴリー
    トップへ戻る

    専門家と無料法務相談 年中無休24時間・全国対応中