慰謝料請求ホットライン > 離婚したい方へ

離婚をお考えの方へ注意すべきことをチェック!

離婚をする前、切り出す前の注意点をご紹介していきます。浮気や不倫をされてすぐに離婚をしたいと考えてしまいがちですが、まずは落ち着くことが大事です。納得のいくやり方、ゴールを見据えて行動することが明るい未来への近道なのです。

離婚をするにあたっての知識を貯える

離婚に対する準備ができていても、知識がないとなんの役にも立ちません。
相手方に有利な主張を鵜呑みにしてしまい、こちらにとって不利にな状況になる可能性もありえます。

どんな状況でも一時の感情に流されない!

冷静になること

浮気が発覚したからといってすぐに動くのではなく証拠を集めることが大事です。

例えば、問いつめたとしても逃げられる可能性がありますし、こちらの勘違いだった場合にお互いの信用問題になりかねません。
感情に身をまかせて発言や行動をしてしまうと、思わぬ事態に巻きこまれます。

会話は録音されている場合があり!

離婚について話し合いをする前でも会話を録音され、わざと感情を逆なでするようなことをけしかけられ、思わぬ言葉を口走ったり、浮気を許してしまう趣旨の発言をしてしまうことがあります。
それらは裁判などになった時に圧倒的に不利になりますのでご注意を。

親権について

離婚となると、親権をはじめとした決めなければならないことがあります。
一般的に小さいお子さんだった場合、母親に親権が認められる場合が多いです。(育児放棄などをのぞく)
妻が浮気をした場合でも親権が認められることもありますので、じっくり考えて離婚の結論をだしてください。
なにより辛いのは子供ということをお忘れなく。

別居をお考えの方へ

働いている方は別ですが、専業主婦の方が別居を考えたとき、どうしてもネックになるのがお金の面。
実家などが近くにあれば良いですが、ない場合は、経済的に厳しい状態になります。
しかし、法律で婚姻費用の分担を請求することができますので一度専門家などに相談してみて下さい。
子供さんがいる場合、親権が欲しければ一緒に連れて行くとよいでしょう。
別居中の不貞行為も相手が有利になるだけですのでしないように!

別居をする際に大事なこと

勝手に出て行くのではなく、トラブルの原因になりますので書面などで相手に通知して出て行きましょう。
こちらに婚姻費用の請求や、別居期間や理由など記しておき、請求についての回答をもらえるように用意しておきましょう。

確実な証拠を集める

離婚したいと悩んでいる方は、話し合いや調停・裁判にむけて証拠を集めておくことをオススメします。
離婚をするには夫(妻)が不貞行為をしたという証拠がないとできません。
ホテルなどの出入りがあるクレジットカードの明細や、2人がホテルに出入りしている写真、メールのやりとりなどがその例です。

証拠集めの「やりすぎ」に注意する

人としてのモラルに反することやルール外のことをすると信用問題や逆に訴えられかねません。
着実に証拠集めをするのが一番です。

書面に残しておく!

段階をしっかり踏む

離婚協議前にお互いが納得したことは必ず書面に残しておきましょう。
正式な段階をふんでいないと無効になることもありますので専門家にご相談することをオススメします。

公的証書の重要性

養育費など長期に渡る支払いは、公的証書をつくっておきましょう。不払いの抑止力にもつながります。

離婚後の生活を考える

離婚はゴールではなく、第ニの人生のスタートです。
離婚後の生活も頭に入れなければなりません。
生活面では大丈夫か?親権を勝ちとった場合、子供の生活まで面倒をみなければなりません。しっかり考えておきましょう。

財産分与請求や慰謝料請求にも時効がアリ

財産分与請求は離婚が成立してから2年、慰謝料請求は3年です。
なお、慰謝料はいらないという旨の発言をし、相手がその項目が書かれている文書を持っていれば請求することはできません。
養育費の増減の変更は期間の変更なく可能です。

和解という選択肢もあります

浮気相手に謝罪文や警告文などを送るだけで、和解をする方々もいらっしゃいます。
子供のため、将来のため、苦渋な決断をせまられているとは思うのですが、何が幸せかをもう一度見つめ直す良い機会をもらったと思えば少しは気が楽になると思います。

離婚をするかお悩みの方は
一人で悩まず専門家に相談を!

離婚をしようと思って一人で動いても間違った方向に走ってしまうとなんの意味もありません。 さらに一人で戦うのは精神的なダメージも大きいです。
一人で悩んでいるのなら電話では相談無料ですので是非当社にご連絡ください。
人に話をするだけで多少なりとも気持ちが楽になるはずです。

トップへ戻る