貞操権ってなに?慰謝料請求された方のために解説します | 慰謝料請求ホットライン

貞操権ってなに?慰謝料請求された方のために解説します

「貞操権」の概要と、貞操権侵害で慰謝料を請求された際の相場や対処法について解説しています。貞操権とは肉体関係を持つ相手を自分で選択できる権利のことを指しますが、侵害した場合、高額な慰謝料請求に繋がりかねません。貞操権侵害に該当する行為や請求金額の相場を知り、適切な対応を行っていきましょう。 

貞操権とは

貞操権とは、性的な自由を誰からも邪魔されない権利です。誰と肉体関係をもつか、あるいはもたないかを自分の意思で決定できる権利と言い換えられます。貞操に関する権利を侵すと貞操権侵害となり、権利を侵害された方から慰謝料を請求される恐れがあります。自分の意思により、肉体関係を持つ相手を選択できる権利が「貞操権」です。 

貞操権の侵害で慰謝料請求できる行為の例

貞操権の侵害で慰謝料請求が認められる行為は次のとおりです。 

独身と偽って肉体関係をもった

相手に独身だと偽って肉体関係をもったケースです。不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される恐れなどがあり、多くの方は、相手が既婚者だと知っていれば交際を行ないたいとは思わず、肉体関係を持つこともないと考えられます。「独身である」と偽ってだまし、相手の意に反した肉体関係をもつと、貞操権侵害で慰謝料を請求される恐れがあります。 

もうすぐ離婚すると嘘をついて肉体関係をもった

既婚者に「離婚をする」と偽られて肉体関係を持ったケースです。離婚協議が行われていないにも関わらず、もうすぐ離婚する、離婚することが決まっているなど虚偽を告げられたことにより、既婚者と肉体関係をもった場合も貞操権侵害に当たる可能性があります。不倫そのものは不法行為ですが、信憑性の高い虚偽の離婚話により肉体関係をもった場合は貞操権侵害が認められるでしょう。 

結婚するつもりはないのに結婚するといって肉体関係をもった

相手から婚姻の意思があると虚偽を告げられ、肉体関係を持った場合も貞操権侵害に該当し得ます。具体的な事例として、既婚者が婚活アプリや婚活パーティーで異性と出会い、結婚を前提に肉体関係をもった場合などが挙げられます。本人に婚姻の意思がないにも関わらず「結婚を考えている」など虚偽を告げて肉体関係を持つことは相手の貞操権を侵害する行為であり、慰謝料請求の対象と判断される可能性があります。 

貞操権の侵害で慰謝料請求された場合の相場

貞操権侵害における慰謝料の相場は50~300万円程度と考えられています。慰謝料の金額に250万円の幅がある理由は、実際の請求金額は個別の事情を加味して決定されるためです。つまり、慰謝料の金額は交際内容や交際期間、虚偽の内容など他の要素により大きく異なります。一般的な相場は50~300万円ですが、次に解説する詳細な要件を加味して実際の請求金額が決定されます。 

交際していた期間

交際していた期間も影響を与えるとされています。基本的には、交際期間が長いほど慰謝料は高額化します。貞操権を侵害していた(嘘をついていた)期間と比例して、相手の苦痛も大きくなると考えられることから、交際期間は慰謝料に影響を与える要因です。 

肉体関係をもった回数

肉体関係をもった回数も慰謝料の金額に影響を及ぼします。基本的には、回数が多くなると慰謝料も高くなると考えられます。 

妊娠・中絶

女性が妊娠や中絶をしていると、慰謝料は高額になりやすいと考えられています。慰謝料が高額化する理由は、騙されたうえ、妊娠・中絶すると精神的苦痛だけではなく身体的苦痛も加わる事になります。相手が妊娠・中絶をした場合は、高額な慰謝料となる可能性が考えられます 

相手を強引に誘った

拒否する相手に対し強引に肉体関係をもった場合も、慰謝料は高額化しやすいとされています。相手が同意していないにも関わらず、無理に同意を迫り肉体関係を持った場合は、高額の慰謝料請求が認められやすくなるでしょう。 

貞操権の侵害で慰謝料請求された場合の対処法

貞操権侵害で慰謝料を請求された場合の対処法を解説します。 

貞操権の侵害に当たるのか確認

最初に、自分の行為が貞操権侵害に該当するか確認してください。冒頭で説明した通り、貞操権とは自分の性的な自由を守る権利のことであり、権利を侵害すると貞操権侵害にあたります。具体的には、「独身と偽って肉体関係をもった」「結婚すると虚偽を告げ肉体関係をもった」「離婚が決まっていると偽肉体関係をもった」場合などに、貞操権侵害を認められる可能性があります。肉体関係をもっていない、相手が勝手に独身だと思い込んだ、離婚すると思い込んだなどの場合は貞操権侵害には該当しません。関係をもったいきさつを確認し、権利の侵害に該当するか否か確認しましょう。 

嘘をついた状況を確認

貞操権侵害で慰謝料を請求されたら、虚偽を告げた状況なども確認しましょう。慰謝料請求が認められるには、虚偽を見破れない状況であったことが求められるためです。例えば、家族に会わせることで独身と信じ込ませた場合や、社会経験が乏しい10代の女性を言葉巧みに信じ込ませた場合などは貞操権侵害を認められやすくなります。反対に、独身と偽ったものの既婚者だと気づける状況であった場合や、虚偽であると気づいていた場合、相手が虚偽を見抜く社会常識を求められる年代だった場合などは、貞操権侵害は認められにくいとされています。虚偽を告げた状況や相手の年齢なども考慮し、支払義務が生じるか否か確認してください。 

相手がもっている証拠

貞操権侵害に関して、相手が所持している証拠も把握しておきましょう。慰謝料を請求するには、独身だと説明しているメッセージ、ラブホテルの領収書、関係性がわかる写真や動画など証拠になりえます。 

相手が請求している慰謝料の金額

次に、慰謝料請求金額を確認します。貞操権侵害による慰謝料の相場は50~300万円です。個別の事情により妥当な金額は変わりますので、法律の専門家に事情を説明し、妥当な金額を確認しましょう。慰謝料の金額は相手と適切に交渉することにより減額できる可能性があります。妥当な金額を調べたうえで相手側と交渉を進めましょう。 

貞操権侵害で慰謝料を請求されたら法律の専門家に相談しましょう

貞操権侵害で慰謝料を請求されたなら、まずは法律の専門家に相談することが重要です。貞操権とは性的な自由を保守する権利のことであり、独身と偽って肉体関係をもつ、離婚が決まっていると虚偽を告げ肉体関係をもつなどの行為は貞操権侵害に該当し、慰謝料を請求される恐れがあります。貞操権侵害で慰謝料を請求されたときは、自分の行為が貞操権侵害に該当するか否か、慰謝料支払義務の有無、請求金額の妥当性などを確認しなければなりませんが、判断には法律の知識が必要です。法律の専門家に相談することで、法的側面からの判断と適切な対処法を知ることができます。 

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP