示談書と合意書の違いとは?不倫の示談交渉で作成するべきは? | 慰謝料請求ホットライン

示談書と合意書の違いとは?不倫の示談交渉で作成するべきは?

不倫の慰謝料請求を示談交渉で解決した際には、 「示談書」「和解合意書」「誓約書」「念書」のいずれかを交わす ことが一般的です。
いずれも作成される可能性のあるものですが、4種類の文書における違いについて解説します。
文書の特徴と違いについて知り、適切な文書を作成するようにしましょう。

示談書、和解合意書、誓約書、念書の違い

4種類の書面は、法的効力に関して違いはありません
いずれも法的効力の発生を約束する書類ですが、示談書・和解書は「過去の紛争に関する解決方法を記した文書」であり、合意書・念書は「将来と過去に関する法的効力を定めた文書」となります。
そして誓約書とは、示談書・合意書・和解契約書などの総称として使われます。
つまり「過去」と「将来」のどちらに生じる法的効果を証明するかが違いとなりますが、不倫の示談交渉では「過去」に関する法的効力を文書に認めるため、いずれの文書を作成しても法的効力は変わりません。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP