慰謝料の請求を無視するとどうなる?注意したいリスクと対応方法 | 慰謝料請求ホットライン

慰謝料の請求を無視するとどうなる?注意したいリスクと対応方法

「不倫がバレて慰謝料を請求されてしまったものの、支払いたくないから無視しよう」といった対策は効果的なのでしょうか。
ここで間違った対応をしてしまうと、あとから非常に不利な状態になってしまう可能性も出てきます。特に注意しておきたい、内容証明が届いた場合の対策についてご紹介しましょう。

不倫の内容証明を無視したらどうなるのか?

慰謝料の請求がどのような形で行われるかはケースによって異なりますが、書面で請求が来た場合、無視はできません。特に事実無根ではなく本当に浮気による不貞行為があった場合は、それを無視するとさらなるトラブルにつながってしまう可能性があるからです。

そもそも内容証明とは何かというと、これは郵便サービスの一つであり、慰謝料を請求する際によく使われます。普通の郵便と違うのは、送付した文章の内容と、誰が誰宛に差し出したものなのかについて日本郵便が証明してくれるという点です。

つまり、「確実にこの人にこの内容の書かれた手紙を届けました」と保証する制度となります。

内容証明郵便が届いた場合、証拠が残っているので「そんな内容の手紙は受け取っていない」など、とぼけることはできなくなります。

もし、届いた内容証明郵便の内容が事実と異なる場合には、相手に対し事実と相違することを的確に説明しなければなりません。ここで無視をしてしまうと相手の請求内容や事実を認めたと解釈されてしまう可能性もあります。

後から文句を言ったとしても、「それなら、なぜあの時に説明しなかったのか?」と追及され、ご自身の立場を不利にしてしまう可能性も生じます。

訴訟に発展する可能性がある

相手から届いた書面に対し、誠実な対応を行えば、相手もこちら側の誠意を感じ、問題も穏便に解決ができる可能性があります。一方で全く何の連絡もせず無視し続けてしまった場合には、相手の怒りも募り、トラブルも大ごとに発展してしまうことでしょう。

気をつけなければならないのが、一般的に内容証明で慰謝料の請求をする場合、支払いの期日が掲載されている点です。適当に中身を確認して無視し続け、期日を過ぎてしまった場合には、相手が訴訟に移行するケースがあります。内容証明で慰謝料の請求をしてきている時点で相手は本気だと考えましょう。

内容証明が届いたらやるべきこと

万が一、内容証明で慰謝料の請求が届いた場合は次の対策をとることが大事です。

記載内容の確認

まずは書面に書かれている内容を確認し、それが正しいかどうかを判断します。ごくまれに相手の勘違いで請求を受けてしまうケースもあります。また、場合によっては内容が事実であったとしても慰謝料の支払い義務が発生しないケースもあるので、相手の主張を確実に理解しておきましょう。

請求者の確認

請求者本人が書面を送付してきているのに比べ、請求者の代わりに弁護士や司法書士が代理人として請求を行なっている場合はより裁判を視野に入れた請求を検討している可能性が高いと推測できます。反対に請求書が本人だった場合は訴訟外で穏便に解決を望んでいる可能性が高いと推測できるのです。

支払い期日の確認

書面が届いた時は気が動転してしまうので落ち着いてから確認しようと考える方もいますが、書面に記載された期日には十分に注意しておかなければなりません。書面に書かれている期日を過ぎてしまった場合、早急に相手が次の手段に進む可能性があると考えておきましょう。
すぐにどう対応するべきかを判断できない場合や回答できない特別な理由がある場合には、書面への対応を無視するのではなく、まずは相手に対し、回答の期限を延ばしてもらえるよう説明し、法律の専門家に相談した上で、正式な回答を行えば、冷静かつ適切な対応を行うことができます。

専門家に相談する

自分の判断で、不誠実な対応をしたり、事実と相違する事を発言してしまったり、不用意な対応をすることで自分の立場を悪くしてしまうリスクがあります。
問題解決の経験と法的な専門知識のある法律の専門家に相談をし、相手の要求や現状を適切に理解した上で、相手とどのように話し合い(交渉)を進めるべきなのか、妥当な慰謝料金額についてなどの専門家の見解を聞き、対応方法を検討することが、ご自身にとって最適な解決法方を見つける手段になるでしょう。

直接相手に連絡するのはNG

不倫したということは相手がいるわけなので、どのように対応すべきか不倫相手に相談してしまう方もいますが、これはNGです。発覚後も不倫が継続しているものだと勘違いされてしまう恐れがあります。

また、請求者と直接連絡を取る場合には、相手から高圧的に責任を追及され、冷静な判断ができずに、自分の意思に反して相応ではない約束を交わしてしまうケースも多くあります。冷静な対応ができない可能性がある場合には、電話や面会して話し合いを行うのではなく、メッセージや書面で回答することで落ち着いて正しい回答を行うことができます。メッセージや書面の内容をどのように作成するべきか不安な場合には、法律の専門家に相談した上で検討しましょう。

無視をするのは危険

無視をすることは自分の立場を悪くするリスクが高いことをご理解いただけたかと思います。
突然、慰謝料を請求する書面が内容証明で届いた場合には、書面の内容が事実に沿ったものなのかを確認し、今後の対応を冷静に検討することが重要です。十分な知識がない場合には、法律の専門家の無料相談を利用して、ご自身の状況とどのような解決方法があるのかを理解した上で、最適な対策を検討しましょう。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP