慰謝料が低額になった事例|260万円もの減額に成功した理由は? | 慰謝料請求ホットライン

慰謝料が低額になった事例|260万円もの減額に成功した理由は?

今回の記事では、出会い系での不貞関係において、260万円の慰謝料低額化に成功した方の事例をご紹介します。
当初300万円もの請求を受けていたにも関わらず、 誠実に謝罪をし適切な対応を取ったことで、結果的に40万円という低額な慰謝料となった事例 です。
慰謝料を低額にするための方法がわかる資料として参考にしてください。

事案の概要

出会い系で既婚男性Bさんと知り合った、依頼人Aさんの事例です。
依頼人Aさんは出会い系サイトで既婚男性であるBさんと知り合い、一度だけ肉体関係を持ったものの、Bさんが既婚者であることから「不倫をしている」という罪悪感を強く抱いたことから、Aさんの方から関係を拒絶しました。
Bさんとの関係を自ら絶ったAさんでしたが、ある日突然、Bさんの妻であるCさんから内容証明郵便が届いたため封を開けると、Aさんに対する慰謝料300万円の請求が記載されていました。
今回の記事では、Cさんからの慰謝料請求を受けたことで、法律の専門家への相談を決心されたAさんの事例をご紹介します。

どのように解決したのか

Aさんの事例がどのように解決したのか、慰謝料が低額になった理由とともにご紹介します。

40万円と低額な慰謝料請求で解決

果的にAさんは、慰謝料を40万円にまで低額化させることに成功しました。
Aさんから当時の状況を詳しく伺ったところ、既婚者であったBさんは出会った当初、Aさんに対して「未婚である」と偽っていたという経緯がありました。
さらに、不貞行為の回数も1回のみと非常に少なく、AさんとBさんの関係は希薄であったと考えられます。

上記のとおりAさんの説明を受け、独身であると偽られていたこと、Bさんとの関係が希薄であることに加え、 不倫をして交際相手の夫婦関係を侵害する意思は全くなかったことに関する説明と真摯な謝罪を記し、慰謝料の減額を求める回答書を作成
Aさんは内容証明郵便で回答書をBさんの妻であるCさんに送付しました。

回答書を受け取ったCさんは慰謝料の減額交渉に応じてくれ、AさんがBさんに私的な接触を行わないことと、私的な接触を行った場合には違約金を支払う旨を記載した示談書を要求。
示談書の作成を条件として、慰謝料を40万円まで低額化してくれました。

慰謝料が低額になった理由

慰謝料が低額になった理由は、AさんとBさんの関係の希薄さ、Aさんの悪意のなさ、そして誠実な謝罪になります。
ご紹介した事例には、次にように低額化されるための理由が多く含まれています。

・Bさんが独身であると偽っていたこと
・不貞関係が一度のみであったこと
・Aさんに夫婦関係を侵害する悪意がなかったこと

上記3つの理由によって、40万円という低額な慰謝料になりました。

【不倫の慰謝料が高額になる条件に該当していなかった】

不倫の慰謝料は 「既婚者であることを知っていたか否か」「不貞関係の回数の多さ・期間の長さ」「意図的であること」の条件によって金額が大きく変わります
もちろん、既婚者であると知っていて、長期間に渡り多くの不貞関係を結び、夫婦関係を侵害する悪意があるほど請求金額は高額となりますが、Aさんにはいずれも該当していません。
特に、不貞関係が一度だけであった場合は、請求金額が低額になりやすいでしょう。

【真摯な謝罪と誠実な対応をしたため】

請求金額を低額にするためには、誠実な対応を心がけることも必要 となります。
前項のように、客観的な立場による見解も慰謝料の請求金額に影響を与えますが、加害者と被害者はやはり人間同士です。
Aさんが回答文にて真摯に謝罪し、誠実な対応をしたからこそ、Cさんも減額交渉に応じてくれたのでしょう。
不倫の慰謝料請求には請求者の温情が大きく関係しており、誠実さによって被害者の気持ちをどれだせ落ち着かせられるかが、請求金額を低額化させるための大きな要因になることは間違いありません。
請求金額が高額となる条件に当てはまっていなかったことに加え、誠実な対応が慰謝料の低額化を実現させたと考えられます。

慰謝料を低額にするには誠実な謝罪と対応が必要

請求された慰謝料の金額を低額化するには、誠実な謝罪と対応をする必要があります。
今回ご紹介した事例では、慰謝料を低額にできたAさんのみならず、誠実な謝罪と誠意を受けたことで穏便に解決でき、Cさんとしてもメリットを感じてもらえたようです。
該当の事例のように、誠実な謝罪と誠意は慰謝料の低額化と穏便な解決のために欠かせませんが、やはり適切な対処法を取ることも必要となります。
状況に応じた対処法を知るためには、法律の専門家に相談することが欠かせません。
当無料相談窓口は法的専門知識と不倫問題の解決で培ったノウハウでご相談者様に適切な解決方法をご提案いたします。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP