不倫の慰謝料を分割払いしたい、いくらで交渉すれば良い? | 慰謝料請求ホットライン

不倫の慰謝料を分割払いしたい、いくらで交渉すれば良い?

不倫が発覚して慰謝料を支払うことになった場合、原則として分割ではなく一括で支払うことを求められます。しかし、それがどうしても難しくて分割払いでしか対応できない方もいますよね。
この時、 いくらからなら交渉を受け入れてもらいやすいのかご紹介 しましょう。条件の決め方や分割払いの相場についても解説します。

慰謝料の支払い方

慰謝料の支払い方として、生活や貯金に余裕があったり、親族から借りられたりする場合には一括を選択する方が多いものの、難しい場合は分割払いを請求者に交渉することは可能です。それぞれのメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

一括払い

根本的に 慰謝料は一括払いが原則 となっています。そのため、支払いを請求される側になってしまったのなら、まずは一括払いができるかから検討してみましょう。

受け取る側としても分割払いを許すことは、途中で相手の支払いが滞ってしまうリスクを負うことになり、さらには、不倫をした配偶者やその相手と慰謝料の支払いのために長期間に渡り関わりを持ち続けなければいけないことは、大きな精神的負担になります。そのため、原則として一括払いを要求されます。

分割払い

しかしながら、現実的には慰謝料相場100万円~300万円と高額となる不倫問題では、十分な蓄えがない、経済的な余裕がないなどの理由で、一括よりも、分割払いで支払われる事案の方が多いように感じます。
一括での支払いが困難な場合には、実現が不可能な約束はしてはいけません。万が一、支払いが滞った場合には、遅延損害金として利息を追加で請求され、より負担が大きくなることも考えられるからです。
ご自身の生活に支障がない範囲で出来る限りの支払い額を検討し、誠実に相手に説明と提案を行いましょう。受け取る側としても、全くもらえなくなることは避けたいため、 分割を受け入れてもらえる可能性は十分にあります

慰謝料の分割払いの条件の決め方

慰謝料の金額が決まったら、支払いの方法について当事者間で話し合い、お互いに納得できる条件を探っていくことになります。
支払い方法については、 「支払いの開始時期」「毎月の支払い額」「毎月の支払期日」 について慎重な検討が必要です。それぞれのポイントを見ていきましょう。

支払いの開始時期

例えば、不倫がバレてしまったことで退職した場合、もともと無職であった場合など、慰謝料の話し合いをしている時点で、安定した収入がなく、即座の支払いができない場合があります。
そのような場合には、確実に支払いが行える日を相手に説明し、 一定期間猶予をもらえるよう交渉する必要 があります。
上記のような問題がない場合には、示談書の取り交わし後の月末が最初の支払い期日とされる傾向にあります。

毎月の支払い額

例えば月収25万円の方が月々20万円の慰謝料を支払えば、生活費が残りません。反対に、月収50万円稼いでいる方が「毎月5,000円までしか支払えない」などといっても交渉は難しくなります。
そのため、 自分の収入に合わせて無理なく支払える金額がいくらかを考えた上で交渉をする ことが大切です。

毎月の支払期日

通常は毎月月末が支払期日となる傾向にありますが、請求者の都合で給料日とすることを求められるときもあります。
しかし、給与の支払いが遅れるなど、万が一の可能性も考え、 ある程度余裕をもてるように月末とするのが望ましい でしょう。

慰謝料の分割払いの相場

一般的には 月々5万円前後支払う方が多いのですが、収入の少ない方などはそれよりも低額な2万円程度の事案もあります 。人によって収入や生活状況も異なるため、分割金額は必ずいくらといった相場はありません。

収入などを考えずに無理な金額で承諾してしまうと生活が困窮してしまう可能性も高いため、自身の収入をしっかりと鑑みて金額を提示しましょう。

ただ、分割払いの支払い期間が長くなると精神的にもストレスに感じるので、必ずしも分割払いの金額を低く抑えることが最適とは限りません。いくらまでなら無理なく支払えるのかを考え、できる限り早期に支払いが完了できるように分割払いの回数を考えるのがおすすめです。

専門家に相談しておくと安心

本当に慰謝料の支払い義務があるのか、請求された金額が妥当であるかは専門的な知識がなければ判断が難しいものです。慰謝料を請求された場合には、まず、法律の専門家に相談し、自分の場合の適切な解決方法についてしっかり検討していくことが大切です。
事案によっては減額交渉な場合もありますので、どれくらい減額できるかも含めて専門家に相談することも可能です。
当無料相談窓口は法律の専門家として不倫の慰謝料に関してのアドバイスいたします。
24時間365日無料でご相談可能ですので、お悩みでしたらいつでもご連絡ください。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP