浮気した男性が、高額の慰謝料請求を大幅減額させた事例 | 慰謝料請求ホットライン

浮気した男性が、高額の慰謝料請求を大幅減額させた事例

たった一回の過ち……どうしても許してほしい。
浮気をしてしまったことは消えません。
その代償は大きいものになります。
結婚をしていて浮気がバレてしまった、結婚相手のいる人と浮気をしてしまった。
浮気にもいろいろありますが、発覚すると慰謝料が発生します。
浮気をした男性が、高額の慰謝料請求を大幅減額させた解決事例を紹介しますので、是非参考にしてください。

浮気をした男性が、高額の慰謝料請求を大幅減額させた事例

ケース①慰謝料1,000万円の要求

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
会社の部下と浮気をしていたAさんでしたが、妻にバレてしまいました。
何度か話し合いを重ねましたが、Aさんは離婚を拒否。
妻はAさんの態度に激怒し、離婚をすることになってしまいました。
さらに妻は慰謝料を請求。
なんとその額1,000万円! 驚いたAさんは弁護士を雇い減額交渉をすることにしました。

解決方法

弁護士は、妻側に浮気に対する慰謝料の相場と、請求額がかけ離れていると主張。
また、Aさんの収入状況などを加味し、根拠を持って説明を進めました。
妻側は徐々に態度を軟化。
離婚は成立してしまいましたが、慰謝料の額を半分近く下げることに成功しました。

ケース②夫がいる女性と不倫関係に

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
Bさんは独身でしたが、お付き合いをしている女性が結婚をしている身であり、不倫関係でした。
2年ほど関係が続きましたが、とうとう2人の関係が夫にバレてしまいました。
夫側は離婚はしないが、Bさんに慰謝料を請求すると通告。
Bさんは、慰謝料の支払いには応じるが、なんとか減額させたいと思い、弁護士を雇いました。

解決方法

弁護士は徹底的に夫側と交渉を始めました。
当初は、結婚をしていることを知らなかったこと、Bさんに謝罪の気持ちがあることなどが考慮され、慰謝料を3割近く減額することに成功しました。
期間はかかりましたが、Bさんも納得した金額に落ち着いたのでホッとした様子でした。

ケース③何度も浮気をしてしまった

相談者:20代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は、妻に浮気がバレてしまったCさん。
前に浮気をしたことがあったので、今回は許されずに「離婚したい」と言われてしまいました。
さらに、子どもの親権は妻側が持つことになり、慰謝料や養育費などを請求されたのです。
困ってしまったCさんは、弁護士に依頼。
弁護士が間に入って交渉を進めることにしました。

解決方法

双方ともに代理人を立てて交渉が開始されました。
自分が悪いと反省しているものの、慰謝料は減額したいと考えていたCさんは、和解交渉を進めました。
離婚は成立してしまいましたが、約60万円の減額に成功しました。

浮気をして慰謝料請求をされる場合

慰謝料の支払いに応じる場合、金額をどうするかが争点になります。
もしも、相手側の慰謝料の請求額が、自分ではとうてい払えなく、しかも相場からかけ離れたものであれば、減額できないかを調査し、減額交渉することをオススメします。
もし、双方の意見が合意に達したら、今回の話し合いの結果を記した合意書を作成してください。
これは、せっかく決めた慰謝料の額を後で「そんなことは決めていない」とひっくり返されないようにするためです。
また、慰謝料を支払い終わっても「まだ足りない」と再度請求をされる場合があるので、必ず合意書は作成しておきましょう。
交渉の結果、決裂すれば、裁判所に委ねることになります。
手間や精神的苦痛、お金もかかるものなので、できるだけ交渉で合意を得るようにしましょう。

慰謝料減額をしたいならプロに任せよう!

まずは当事者同士で話し合いをすると思います。
ここで解決するのが一番ですが、未解決のままになる場合もあります。
お互いの感情をぶつけ合うことにもなりかねません。
そういう時はプロに任せるのが一番です。
代理人を立てて冷静に話し合いをしないと、後悔することになるでしょう。
[慰謝料請求された場合にまず確認すべきこと]

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP