どこからが不貞行為になりますか? | 慰謝料請求ホットライン

どこからが不貞行為になりますか?

不貞行為とは、自らの意思で既婚者と、または配偶者以外の異性と性交渉を行うことを指します。
裁判においては、不貞行為がある、または不貞行為があったと推認できる状況であるかを判断し、慰謝料の支払いが認められます。

不貞行為にあたる行為

基本的には性交渉を持つこと、性器の挿入がなくても、その他の性的類似行為(口淫、手淫も含む)がある場合には不貞行為に該当します。
ただし、キスやハグ、手をつなぐといった行為は不貞行為と認められません。

不貞行為があったと推認できる状況とは

例えば、性交渉やそれに類似する行為を行なっていなかったとしても、二人きりでホテルやどちらかの自宅で過ごしていたという状況も考えられます。このような状況は不貞行為があったと推認できる状況と判断されることがあります。

不貞行為にあたるか迷ったら事前に相談を

慰謝料の支払い義務があるかを検討する上で、その行為が不貞行為にあたるかを判断することが難しいケースは多くあります。ご自身で判断することが難しいと感じている場合には、まずは法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP