離婚しなくても不倫の慰謝料は請求されるのでしょうか? | 慰謝料請求ホットライン

離婚しなくても不倫の慰謝料は請求されるのでしょうか?

不倫により離婚しないで済んだ場合であっても、不倫の事実がある限り慰謝料支払い義務を負います。ただし、離婚に至った場合と比べて慰謝料が減額されることが多いといえます。

不倫慰謝料と離婚の関係

不倫慰謝料は、夫婦間の貞操義務(他の異性と肉体関係を持たない義務)に違反したことにより発生するものです。したがって、不倫関係があれば離婚をしたか否かに関わらず慰謝料が発生するのが原則です。

離婚しなかった場合の慰謝料

慰謝料の金額は、不倫をされた側が受けた精神的苦痛の程度に比例して増減します。一般的に、不倫が原因で離婚せざるを得なくなることは、夫婦関係が修復された場合と比較して不倫された側にとって大きな精神的苦痛となります。したがって、離婚しないで済んだのであれば慰謝料額は低く抑えられることがあります。
一般的な不倫慰謝料の相場は、50万円から300万円程度ですが、離婚しない場合には100万円未満となることが多いでしょう。ただし、離婚しない場合でも別居状態にあるなど夫婦関係が修復されと言い難い場合には、ケースバイケースではありますがそこまで減額できない可能性もあります。

慰謝料の減額交渉は相談を

離婚をしない場合には慰謝料額を相場より減額する方向で交渉することになります。このような慰謝料の相場を正確に把握するには法律知識が必要となりますので、減額交渉に臨む場合には、事前に法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP