離婚しない場合の不倫慰謝料相場はどれくらいですか? | 慰謝料請求ホットライン

離婚しない場合の不倫慰謝料相場はどれくらいですか?

離婚を伴わない不倫慰謝料請求において、実際の事例を元に妥当だと考えられる相場を解説します。不倫発覚後も夫婦が離婚しない場合の慰謝料は、50~100万円が相場だと考えられていますが、個々の事由により実際の請求金額は変動します。請求された金額の妥当性を判断するためには、金額の決定に係る法的根拠を知っておくことが必要です。

ご相談の経緯

ご相談の経緯をご紹介します。

ご相談者様は、友人の紹介で知り合った既婚男性と約1年間にわたり不倫を続けていた20代・独身女性です。2人の不倫交際は不倫相手の妻に知られることとなり、慰謝料300万円を請求されたとのこと。不倫相手の妻は、夫に慰謝料は請求せず離婚するつもりもないとのことで、請求金額の妥当性を知るために相談に来られたという経緯です。

被害者側が離婚しない場合、慰謝料300万円は妥当なのでしょうか?

ご相談者様の疑問は、「離婚しない場合、慰謝料300万円は高額すぎないか」です。不倫をして相手の妻に精神的な損害を与えたことは事実なので、慰謝料を支払わなければならないことは理解していますが、請求額には納得していません。離婚をしないのであれば、もう少し安くても良いのではないかと考えています。離婚しない場合の慰謝料の相場はどれくらいなのでしょうか。

離婚しない場合の慰謝料相場は金50〜100万円となる傾向にあります。

離婚しない場合の不倫慰謝料相場は以下のようになっています。

別居・離婚しないのであれば慰謝料の相場は50~100万円

不倫の被害者が離婚せず慰謝料を請求する場合の相場は50~100万円です。離婚しないものの別居に至った場合の相場は100~200万円、不倫で離婚に至った場合の相場は200~300万円となっており、不倫で生じた損害が大きくなるほど、慰謝料の金額も高くなります。今回の事例で請求されている慰謝料の金額は、相場よりやや高いといえるかもしれませんが、以上は裁判で争う場合の慰謝料の相場です。話し合いで解決する場合は、双方が納得した金額が慰謝料の金額になります。

慰謝料の金額はさまざまな事情で変動する

慰謝料の相場にはかなりの幅があります。大きな幅が生じる理由は、個別の事由を考慮して適切な金額が決まるためであり、同じ浮気や不倫であっても、個々の事由により慰謝料の金額は異なります。慰謝料の金額に影響を与える要素は以下のとおりです。

婚姻期間

婚姻期間が長いほど慰謝料は高額になる傾向があります。精神的苦痛が大きくなる、再スタートを切りにくくなると考えられるからです。

不倫前の夫婦関係

不倫前の夫婦関係も考慮されることがあります。基本的に、良好だった夫婦関係が不倫で悪化すると慰謝料は高額になる傾向があります。

不倫期間

不倫期間が長いと、慰謝料は高額になりやすいと考えられています。短期間より長期間であるほうが、被害者の精神的苦痛は大きくなるからです。

ほかにもさまざまな要素が考慮される

慰謝料の金額を決定するうえで考慮される要素は他にもあります。例えば、浮気をした側の社会的地位や収入、子どもの有無、謝罪の有無なども影響します。

被害者が離婚しない場合、不倫の慰謝料は低額になる傾向がある

不倫の慰謝料相場は個々の事由により異なりますが、離婚を伴わない場合は低額になる傾向があります。被害者が離婚しない場合の相場は50~100万円、離婚しないものの別居に至った場合の相場は100~200万円です。さまざまな事情を考慮して決定するため、具体的な金額を知りたい方は法律の専門家に相談しましょう。請求されている金額の妥当性や慰謝料を支払う必要性などを法的見解を交えたうえで判断し、個々の状況に合わせた最適な解決法も検討してくれます。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP