不倫がばれて念書を書くように言われています。書いてしまって大丈夫でしょうか? | 慰謝料請求ホットライン

不倫がばれて念書を書くように言われています。書いてしまって大丈夫でしょうか?

不倫がばれたとき、不倫をされた夫または妻から念書を書くよう求められることもありますが基本的には慎重に対応すべきです。

不倫の念書とは

不倫がばれたとき、肉体関係をもったという事実関係を認めさせる念書を書かされることがあります。また、慰謝料の金額についても相手の言い値で認めるよう求められることも珍しくありません。後ろめたさから応じてしまうケースもありますが、真実ではないことを認めさせられたり、相応ではない慰謝料の金額の支払いに合意させられるなどの恐れがあります。

誤った内容の念書を書いてしまったら

念書を書くよう迫られて応じてしまったものの、冷静に考えると内容が誤っていて変更したいという場合もあるでしょう。ただし、基本的には念書のような簡易な書面であっても、本人が書面や押印をしてしまえば、記載された内容を後から覆すことは容易ではありません。
まずは、相手に対し、念書の内容を修正させてもらえるよう交渉してみましょう。相手が頑なに応じない場合には、次の解決方法を法律の専門家に相談した上で検討することをお勧めします。

念書を書くよう迫られた場合には冷静に対応を

念書を書くよう相手に迫られた場合は、安易に応じないことが大切です。相手から書面に署名を求められるた時には、、その内容に問題がないかを精査し、法的な義務が生じることに間違いなく納得できる場合にのみ署名をするべきです。。万が一、相手から求められた念書に安易に署名してしまい、不安を感じられている場合には、その念書が示す内容、効力等についてすぐに法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP