未成年が慰謝料請求をされた場合、支払いに応じなければいけませんか? | 慰謝料請求ホットライン

未成年が慰謝料請求をされた場合、支払いに応じなければいけませんか?

未成年者が不倫等により慰謝料請求をされた場合にも、未成年者本人が支払い義務を負うのが原則です。ただし、未成年者が12歳未満である場合には責任を負わない可能性もあります。

責任能力があれば慰謝料支払い義務を負う

民法上、不倫等の慰謝料支払い義務を負うのは、責任能力がある場合と定めてられています。反対に言えば、未成年者であっても責任能力が認められる限りは慰謝料支払い義務を負うことになります。

責任能力が認められるのは12歳程度

責任能力が認められる年齢は法律に定められていませんが、過去の裁判事例からおおむね12歳以上であれば認められることが多いようです。したがって、不倫による慰謝料請求の場合には、未成年者本人が責任を負うケースが大半といえるでしょう。なお、責任能力とは、自分のしていることが悪いことであると認識できる程度の分別力を有していることをいいます。

未成年者の親に支払い義務があるか

未成年者本人に責任能力が認められる場合には、親に慰謝料支払い義務はありません。したがって、未成年者に慰謝料を支払う資金が無い場合でも親に請求することはできません。

未成年者が慰謝料を受けた場合は相談を

未成年者が慰謝料請求を受けた場合には、資力がなく支払いができないことも多いと思われます。この場合、減額交渉や分割払いの交渉も重要となりますので、交渉の進め方がわかならない場合には法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP