相手の勘違いで慰謝料請求されたら払わなければいけませんか? | 慰謝料請求ホットライン

相手の勘違いで慰謝料請求されたら払わなければいけませんか?

勘違いで慰謝料請求をされた場合として次のようなケースが考えられます。いずれのケースでも重要なのは放置することなく、きちんと反論することです。

人違いや完全な勘違いである場合

相手が人違いをしている場合や単に仕事上のやりとりをしているのを不倫と勘違いしているような場合に慰謝料請求に応じる必要がないことは当然です。この場合、相手が何を根拠に不倫であると主張しているのかを見極めたうえで、相手の主張する事実関係は誤りである旨を回答することになります。

肉体関係はないが親しい関係であった場合

不倫といえるような肉体関係は持っていないものの、プライベートで会っていたり親しいメールのやりとりを続けているような場合には注意が必要です。不倫慰謝料に関する裁判例では、肉体関係がなければ不倫とされないのが原則ですが、例外的に肉体関係を想像させるようなメールのやりとりなどについて不倫と認定した事例もあります。

勘違いによる慰謝料請求を受けたら専門家に相談を

勘違いで慰謝料請求を受けた場合には、まずは自分が不倫ではないと考える根拠を示しつつ反論をすることが大切です。反論をする際には証拠を残すため書面で行うことがよいでしょう。反論の書面の書き方がわからない場合には、法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP