慰謝料請求された場合に弁護士無しで対応することは可能でしょうか? | 慰謝料請求ホットライン

慰謝料請求された場合に弁護士無しで対応することは可能でしょうか?

慰謝料請求を受けたとき自分で対応することもできます。弁護士なしで対応する場合の注意点についてみていきましょう。

話し合いで解決する場合

慰謝料請求の多くが当事者どうしの話合いで解決されています。話し合いのメリットは比較的早く解決ができることですが、一方で双方が感情的になってしまうと話が進みにくいデメリットもあります。話し合いをする際には、できるだけメールや書面でやりとりを進めることをおすすめします。万が一、裁判などになったときの証拠となるからです。

調停で解決する場合

話し合いの方法の一つとして、裁判所の調停を利用することができます。調停では調停委員という第三者が当事者の間を取り持ってくれるため、話がまとまりやすいというメリットがあります。調停は弁護士なしで行われることも多いため、月1回程度裁判所に行くことができるのなら自分で対応することも可能です。

裁判で解決する場合

慰謝料請求の裁判は、制度上は弁護士なしで進めることはできます。ただ、法的に厳密な手続になりますので自分で調べながらやるのは負担となります。可能であれば、弁護士を代理人としないまでも、法律の専門家のアドバイスを受けながら進めることをおすすめします。

対応方法に迷う場合は相談を

弁護士費用は高額なので、できれば弁護士なしで進めたい方も多いでしょう。慰謝料請求は自分で対応することも十分可能です。自分で進める中で対応に迷うことがありましたら、法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP