略奪婚したら、前妻から慰謝料請求された!慰謝料の相場は? | 慰謝料請求ホットライン

略奪婚したら、前妻から慰謝料請求された!慰謝料の相場は?

略奪婚は、不倫により相手の夫婦関係を破綻させることになりますので、法律上の不貞行為に該当し、不法行為として慰謝料の支払い義務が生じます。

略奪婚による慰謝料の相場

慰謝料の相場は一般的に100万円〜300万円となる傾向にありますが、不倫期間中に相手と同棲し、相手との間に子供を授かるなど悪質性が高いとの判断を受ける事情がある場合には、500万円の慰謝料が認められた判例もあり、不倫の態様によって慰謝料が増額されることもあります。また、元々の夫婦関係が悪化し円満ではなかったと認められる場合には、慰謝料が低額となる可能性もあります。

慰謝料請求をされたら時効を確認

元配偶者が不倫相手に対し慰謝料の請求が行えるのは、元配偶者が不倫の事実及び不倫相手の氏名・住所を確認してから3年以内です。時効が成立している場合には、内容証明郵便などを利用して、相手に対し「時効を援用する」旨の意思表示をすることで、慰謝料の支払い義務は消滅したことを通知しましょう。

略奪婚の慰謝料請求を受けたら相談を

略奪婚で前妻から慰謝料請求を受けた場合、何の検討や交渉もせずに請求に応じるべきではありません。慰謝料の支払い義務があるのか、請求されている金額は相応なものかを確認した上で、対応を検討しましょう。法的義務や慰謝料の相場についてご不明な方は法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP