不倫で慰謝料請求をされた場合の和解方法は? | 慰謝料請求ホットライン

不倫で慰謝料請求をされた場合の和解方法は?

不倫により慰謝料請求を受けた場合には、いきなり裁判を起こされたのでもない限り、まずは和解による解決を模索することになります。和解交渉の流れは次のとおりです。

和解交渉の流れ

書面を介して話し合いを行う

相手から慰謝料請求を受けたらまずは、事実関係の確認や減額交渉のため書面を介して話し合い和解を目指します。不倫が原因となる慰謝料問題は当事者が感情的になり冷静な話し合いが困難な場合が多く、また、請求された側も不安や罪悪感により上手く話せない場合がありますので、直接会って話し合うよりも書面でのやりとりを繰り返して話し合いを進める方が適しています。

減額交渉をする

相手からの請求には、「〇円を〇日までに支払え」などと書いてあることもありますが、多くの場合に相場より高額であるため、すぐに支払いに応じる必要はありません。話し合いの場では、事前に調査した慰謝料の相場や減額される事由を示したうえで、減額交渉を進めていくことになります。

合意書を作成する

お互いが合意に至った場合には、その内容を合意書にして双方サインまたは押印をします。後は合意書に定められた通りの支払いをして終わりです。

和解をまとめるポイント

和解交渉をうまく進めるためには喧嘩腰にならないことです。慰謝料請求をしてくる相手は多くの場合に感情的になっています。相手に同調して双方が喧嘩状態になってしまうと、話合い自体が困難になってしまいます。自分に非があるのであれば誠実に謝罪することは大切ですが、和解交渉自体は法的な観点から冷静に進めていくよう心がけましょう。

和解の進め方については相談を

相手との和解交渉を有利に進めるためには、過去の裁判事例などを把握しておくことが重要となります。和解の進め方がわからない場合には、法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP