証拠が十分に集められなかったが慰謝料請求が認められた事例 | 慰謝料請求ホットライン

証拠が十分に集められなかったが慰謝料請求が認められた事例

証拠は少ないが、絶対に浮気をしている……。
結婚相手の裏切りは信用を失うものです。
しかし、子供がいるから、世間体があるからと離婚をしたくない人も沢山いるでしょう。
でも心の傷は癒されません。
証拠は不十分かもしれませんが、思い切って浮気相手に慰謝料請求をしてみるのも1つの手です。
ここでは、証拠が十分に集められなかったものの、慰謝料請求が認められたケースを紹介します。

証拠が十分に集められなかったが慰謝料請求が認められた事例

ケース①メールのやり取りしか証拠がない!

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供1人

相談内容

相談者は専業主婦のAさん。
夫が寝ている間にスマホをチェックしてみると、会社の同僚らしき女性と浮気をしていたことが発覚。
しかし、直接的な表現がなく、これといった決め手もない。
その後、探偵などを雇いましたが証拠がでることはありませんでした。
子どもも生まれたばかりなので離婚することを躊躇したAさん。
この気持ちをどうぶつけられればいいのかわかりませんでした。

解決方法

Aさんはまず離婚を考えていないこと、生活が苦しくなるだけなので夫にも慰謝料を請求しないことに決めました。
この精神的苦痛は夫の浮気相手に慰謝料を払ってもらうことで相殺しようと考えました。
証拠はメールのスクリーンショットのみでしたが、裁判所に提出。
証拠不十分なために、棄却されることも懸念されましたが、不貞行為の事実があったと心証され、解決金という形で支払われることになりました。

証拠が不十分でも解決してくれたベターな事例です。
Aさんのように勇気を持って訴訟をしてみましょう!

ケース②出会い系サイトを利用する妻

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
滅多に使わない妻のノートパソコンを使って何気なく調べ物をしていると、閲覧履歴を発見。
出会い系サイトを使っていることがわかりました。
しかし、メールの履歴は消されていました。
Bさんは問い詰めましたが、間違えてクリックしてしまったと主張する妻。
しかし、履歴から見ると何度もアクセスしており腑に落ちませんでした。
それから1年、夜遅くまで帰ってこない妻を怪しんだBさんは、こっそりパソコンの閲覧履歴を確認。
出会い系サイトは使っていなかったものの、男性とのメールのやりとりが残っており、ここ最近になって会い始めているようでした。

解決方法

子どもが思春期ということもあり、離婚は回避したかったBさん。
弁護士を使って妻があっている男性を特定し、慰謝料を請求することにしました。
妻は驚いていましたが、夫に謝罪。
慰謝料請求訴訟を起こし、男性から慰謝料を獲得しました。

1人で解決できないと思ったら弁護士に頼んでみましょう。

ケース③子どもが離婚を止めるので……

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

最近夫の浮気を疑っているCさん。
夫が出かけた後をついてみると女性と会っている姿を目撃。
写真はとりましたが、決定的な証拠としては弱いと感じていました。
夫に写真を見せて離婚の話し合いをしていると、幼い子どもたちが「離婚しないでほしい」と泣きながら抗議してきました。

解決方法

離婚を思いとどまったCさんは、浮気相手に慰謝料を請求することにしました。
証拠は少なかったものの、相手側も認めたため慰謝料を獲得することができました。

証拠は少なくても相手が認めると慰謝料を獲得できます。

慰謝料の請求には確固たる証拠が必要

慰謝料請求をした場合、確実な証拠が必要となります。
本当に不貞行為があったのか、男女がホテルに入る写真や、ホテルの履歴が載った明細書など、確実な証拠が必要なのです。

しかし、上で紹介したような不十分でも慰謝料を獲得できるケースが稀に存在します。
希望を捨てずに訴訟してみましょう!

プロと一緒に戦うことも視野に入れる

証拠が少なく、これで本当に慰謝料を請求できるのか? 不安になることもあるでしょう。
そういったさじ加減は弁護士が熟知しています。
せっかく訴訟するのだから勝てる裁判になるように、プロに任せてみるのも良いでしょう。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP