浮気が原因で10年以上別居の夫から慰謝料を獲得した事例 | 慰謝料請求ホットライン

浮気が原因で10年以上別居の夫から慰謝料を獲得した事例

よく別居をしている妻側から、弁護士事務所や行政書士事務所にこんな相談が舞い込んできます。
それは、長期間別居をしていた夫から慰謝料は獲得できるのか? ということ。
ここでは、そんな声にお答えすべく、実際にあった事例をもとに紹介していきます。
今現在別居をしていて、夫から慰謝料を貰いたいと思っている人は是非参考にしてください。

浮気が原因で別居をしていた夫から慰謝料を獲得できた事例

ケース①……証拠を持って調停へ

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供1人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
浮気をした夫が許せず別居をしていました。
反省しない夫に嫌気がさし、2年別居したのちに離婚を決意。
どうしても許せないので併せて慰謝料請求をすることにしました。
夫は、離婚には応じるというものの慰謝料を拒否。
子どもの養育費を送るから、それでなんとか勘弁してほしいと言ってきたのです。

解決方法

困ったAさんは弁護士に相談。
しっかりと慰謝料を獲得するため調停を申し立てました。
浮気の証拠を掴んでいたBさん。
その証拠を手に、弁護士は調停を優位に進め、離婚成立。
見事慰謝料を獲得することに成功しました。

ケース②……協議離婚へ

相談者:40代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は専業主婦のBさん。
怪しい夫の行動をみて、探偵に依頼。
なんと、同じ女性とラブホテルに頻繁に通っていることが発覚したのです。
夫に問いただしてみましたが、反省の色なし。
よって、Bさんは離婚と慰謝料の請求をすることにしました。

決方法

確実な証拠があったため、協議で離婚は成立。
あまり長期的に話し合いをすると、お互い疲弊するとわかっていた夫。
慰謝料を支払うことで丸く収まるのなら……と、夫側にとっては苦渋の決断だったようです。
なんとか離婚と慰謝料を獲得したCさん。
数年後、新しいパートナーと結婚をしたそうです。

別居中の夫に慰謝料を請求できる条件とは

ここでは、慰謝料請求に必要なもの2点を紹介しましょう。

①不貞の証拠

やはり、浮気をしたという証拠がなければ話になりません。
あなたや友人の証言であったり、一緒に写真に写っている……というくらいでは証拠として弱いです。
提出するのは、強力なものでなくてはいけません。
例えば、ホテルに一緒に入っている写真、肉体関係をほのめかすメール、自白の録音テープなどがそれにあたります。
これらは証拠として確かなものとなりますので、用意しておきましょう。

②夫婦関係が破綻している証拠

別居をしているからといって夫婦関係が破綻していないとは認定されません。
お互いに連絡を取り合っていれば破綻はしていませんし、度々会うことももちろんです。
慰謝料を獲得したいと考えているのならば、とにかく、別居をしている間は必要以上に連絡をとり合わないようにしましょう。

上記2点は、別居をして慰謝料を請求するうえで大切なことです。
もしわからないことがあったら、行政書士や弁護士などプロに相談しましょう。

慰謝料の請求は素早い決着を!

慰謝料の概念は精神的苦痛への対価です。
別居期間については、この期間だから良い悪いなどはありません。
しかし、別居期間が長ければ長いほど苦痛の度合いも大きいということで、慰謝料の金額が高額になる場合もあります。
ただし、慰謝料請求の時効というものがあるので注意してください。
慰謝料請求についての時効は3年です。
離婚してから3年以内に慰謝料を請求せねばなりません。
また、気をつけたいのが、浮気相手に慰謝料を請求する場合です。
もし、浮気が発覚して別居をしているが3年以上経ってしまっているという場合は、浮気相手に慰謝料請求できなくなるので注意しましょう。
3年経つと、精神的な苦痛が和らげたと判断されてしまうのです。

浮気は証拠を集めて慰謝料を請求しよう!

浮気は証拠集めが鍵を握ります。
別居をしてから慰謝料を獲得したいのなら証拠集めは必須!
別居期間中は、証拠集めをするようにしましょう(もちろん、浮気が発覚してすぐに探してもOKです)。
しっかりとした証拠は、のちにあなたをた助けてくれるものです。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP