慰謝料請求ホットライン > お客様の事例

浮気をされた女性が慰謝料請求を起こしたケースをご紹介

当社が携わった浮気をされた女性が慰謝料請求を起こした場合の事例をご紹介していきます。

事例1:Uさんの場合
20代 結婚歴:5年前後 子供:なし

   
職場の後輩の女性社員と浮気をしていることが発覚。離婚と不倫相手に慰謝料請求をすることになりました。
UさんはLINEのやりとりを証拠として残しており、慰謝料を獲得。
さらに、不倫相手には慰謝料請求を行い145万円を獲得しました。


事例2:Sさんの場合
50代 結婚歴:15年前後 子供:あり

   
いきつけの飲食店店員との浮気が発覚。
まずは自分たちだけで話し合いの場を設けましたが、慰謝料の話になると相手の態度が急変。
どうにもならないということで当社に相談がありました。
なかなかとりあってくれませんでしたが、説得の末、慰謝料の支払いに応じることを約束。160万円を獲得しました。


事例3:Nさんの場合
30代 結婚歴:10年前後 子供:あり

   
出会い系サイトで知り合った女性と不倫関係に陥ってしまったNさんの夫。
しかし、離婚はせずに不倫相手に慰謝料請求をすることになりました。
離婚をせずに請求しましたので、精神的なダメージは低いと判断され減額の150万円で合意という形になりました。


事例4:Mさんの場合
40代 結婚歴:10年前後 子供:あり 

   
夫の行動が怪しいということで興信所に依頼したところ浮気が発覚。
夫との離婚と浮気相手に慰謝料を請求することになりました。
お客様の要望で浮気相手とは会いたくないということだったので、当社が直接浮気相手と交渉。
離婚による精神的なダメージを理由に慰謝料を請求し、慰謝料250万円で合意に至りました。


事例5:Kさんの場合
30代 結婚歴:15年前後 子供:あり

   
夫と友人の浮気が発覚。友人に慰謝料を請求することになりました。
友人に浮気をされるという精神的なダメージが強いということで、通常より大幅な慰謝料(今回の場合は)300万円を獲得しました。


事例6:Hさんの場合
60代 結婚歴:40年前後 子供:あり

   
単身赴任先で夫が浮気をしていることが発覚。
  遠方で慰謝料請求は難しいと断念しそうになりましたが、当社が間に立つことで慰謝料を請求することに。両者合意の上慰謝料200万円を獲得しました。

浮気の事例は様々!
 

上記のように浮気での事例は数多く存在し、当社は様々なトラブルを解決へとサポートしていきました。
どんな小さなことでもいいのでご相談下さい。解決のため尽力致します。

トップへ戻る