ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > 慰謝料請求はどのように請求すればよいか

【 慰謝料にまつわる注意点 】

慰謝料請求はどのように請求すればよいか

2016年02月29日

  

慰謝料にまつわる注意点

そもそも慰謝料はどのように請求すればいいのでしょうか?

慰謝料を請求したいと考えていてもどうすればいいのかわからない方も多いはず。こちらのページでは慰謝料の請求の仕方を詳しく紹介していきます。精神的にも肉体的にも疲れてしまうものですが、相手からきっちり回収するためにも強い気持ちを持って戦いましょう!

そもそも慰謝料とはなに?

慰謝料とはどんなときに請求できるものなのでしょうか。例えばあなたが浮気をされたとします。深く深く傷つきました。相手はその間も普通の暮らしをしています。慰謝料は浮気をされたことに対する精神的苦痛をお金という代償で支払いをしてもらうものです。もちろんお金が全てではないのですが、浮気相手は配偶者を傷つけたわけですから支払わなければなりません。

どのように請求すればいいの?

慰謝料を請求する際に一般的な方法としては、内容証明郵便による書面で慰謝料を請求する事実を示すことです。相手が無視をしたり、しらばっくれたりした場合は裁判という流れになります。話し合いで解決するのが一番なのですが、そううまくいかないのが現状です。当人同士になると暴力的になったり不用意な発言をしてしまい逆に訴えられる可能性も出てくるのです。

慰謝料を請求するのだから1人で戦っても大丈夫?

慰謝料を請求する立場なので優位に立てると1人で戦うのが危険な場合があります。相手がプロの弁護士などを用意してきた場合です。こちらはずぶの素人なわけですから、金額を減額されたり、最悪の場合支払われない可能性だって考えられるのです。また精神的にも辛いものがありますので、必ずプロに任せるようにしましょう。

適正な金額を支払ってもらうために…!

プロに任せるのももちろん大事なのですが、いきなり何千万を支払えと請求するのには無理があります。相場というのがありますので、しっかり調べておくことが必要です。また、知識不足のまま相手と交渉をしていると、うまい話に惑わされ減額される場合もあります。行政書士などのプロに任せ、相談しながら進めていくのが一番なのです。

慰謝料を間違いなく請求するために!

慰謝料問題は非常にデリケートかつ複雑です。自分がどうしたいのかをしっかり考え、行政書士などと話を進めていくのが得策です。慰謝料を請求したいと思っているのならば落ち着いて行動することを忘れずにいましょう。

>>慰謝料にまつわる注意点の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る