慰謝料請求ホットライン > 慰謝料とは

慰謝料とは、なにかを詳しく解説!

慰謝料とひとくくりに言っても、ちゃんとした線引きがあります。こちらでは離婚に関わる慰謝料について解説していきます。民法などを用いて詳しくひも解いていきましょう。

離婚の慰謝料について

離婚における慰謝料とは、不貞行為などを理由に離婚の原因となった加害者が精神的苦痛を理由として相手側の配偶者に支払う損害賠償のことです。

慰謝料を請求できないケースもあり

どういった状況か

不貞行為とは、双方合意の元での肉体関係にあり、キスや手をつなぐことだけでは不貞行為にならず、慰謝料は請求できません。
また、「性格の不一致」や「価値観の違い」などでは、どちらが悪いという定義がないのでこちらも慰謝料請求はできません。

夫婦には夫婦にしかわからないこともありますので、実証することが難しいということです。

民法における慰謝料の定義

慰謝料について民法から抜粋すると
第709条  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
第710条  他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
とあります。

慰謝料の計算方法はあるのか?

実はいくら民法を読み進めても、慰謝料の計算方法や定義などは書かれておりません。
慰謝料は精神的苦痛によって生じるもの。精神的苦痛は被害者側の状況や立場などによって千差万別あるので、双方の話し合いで金額が決まります。

夫婦関係を継続するための慰謝料という考え方

離婚をしていない場合でも慰謝料は請求ができます。

しかし、離婚をするということでの慰謝料請求ができなくなり、離婚する場合と比べるとやはり低額になります。
あくまで夫婦関係を継続するのが目的とみなされます。

慰謝料請求にも時効がアリ

慰謝料の請求は、3年が時効とされています。
ということは、不貞行為の事実確認をして3年が経過をしてしまうと慰謝料が請求できなくなるのです。

慰謝料はスピーディーな行動が不可欠
 

慰謝料を請求しようとしても時間が経ってしまえば時効となり、とれるものもとれないという状況になります。
慰謝料でお困りなら是非ご相談下さい。電話、メール、23区内であれば直接あってのお話まで、全て無料です。

トップへ戻る