慰謝料請求をされた方へ | 慰謝料請求ホットライン
トラブルバスター行政書士事務所が
メディアに取り上げられました
「慰謝料をなるべく安く、穏便に解決したい」トラブルバスター行政書士事務所はそんなご希望にお答えします。
不倫・浮気の慰謝料をできるかぎり減額し穏便に解決するための方法を頼れる町の法律家が
24時間無料でアドバイスします。一人で悩まずお気軽にご相談ください。

慰謝料、そのまま支払ってはいけません!

突然の慰謝料請求。
「本当にこんな金額を払わなくてはいけないのか?」「払わなかったらどうなるのか?」
「周囲にばれたらどうしよう。」と混乱されているかもしれません。
犯してしまった過ちは相手にとって赦しがたいことかもしれません。だからと言って、法外な高額すぎる慰謝料、職場からの退職、引越しなど、不当な要求には必ずしも応じる必要はありません。

下記の事情があれば慰謝料減額・免除できる可能性があります。

  • 不倫相手が既婚者と聞いていなかった
  • 離婚すると聞いていた
  • 肉体関係の回数が少ない
  • 不倫相手があなたの上司である
  • 不倫相手とパートナーの婚姻期間が短い
  • 不倫相手は離婚しない
  • 不倫相手もパートナーに慰謝料を払っている …etc.
慰謝料の相場は50万〜300万円程度とされていますが、様々な事情が考慮され慰謝料額は増減します。

その慰謝料、半分以下の減額もしくは、
支払わずにすむかもしれません。

不倫・浮気による慰謝料の
減額・免除
を全力でサポートします

慰謝料問題に関わる法制度や、話し合いを効果的に進めるためのノウハウ等のアドバイスと、
慰謝料減額の交渉に必要となる全ての書面を行政書士が作成し、
依頼者様が安心して慰謝料問題を解決できるよう全力でサポートします。

作成できる書面
  • 慰謝料の減額等、希望を伝える回答書(内容証明郵便)
  • 和解成立時に必要となる和解書・示談書・合意書
  • その他、事実関係確認書、誓約書、念書、受領書など
トラブルバスター行政書士事務所が選ばれる理由
特徴①

低価格でも安心のサポート
慰謝料問題の解決力に自信があります

慰謝料問題を当事者間の話し合いで解決できるようしっかりサポートします。男女トラブルを専門として培ったノウハウを的確にアドバイス。感情的に不当な条件を請求する相手(本人・弁護士)に対しても、公平かつ対等に話し合うことが可能です。

特徴②

相手と会わずに解決

相手に直接会う必要はありません。話し合いは書面のやり取りで行われます。必要な書面は、お打ち合わせで依頼者様の状況やお考えを伺い、行政書士がお作りします。和解が成立した場合には、慰謝料の再請求や迷惑行為などのトラブルを未然に防ぐための和解合意書の作成もお任せください。

特徴③

365日24時間、
専任チームが親身にバックアップ

不倫問題においては、将来の不安などから精神的に追い詰められてしまう方も少なくありません。ご不安な時は、依頼者様の専任チームにいつでも電話やLINEでご相談いただけます。ご不安に感じる時間を最小限に抑えられるよう依頼者様を支えます。

特徴④

全国どこからでも、
電話・メール・LINEだけでご利用可能

ご相談や打ち合わせは全て電話・LINE・メールで対応いたします。お仕事を休まれる必要はありません。土日や夜間でも対応いたします。全国、どちらにお住まいのでも電話・LINE・メールのやりとりだけで解決可能です。

お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
解決事例
case.1
たった2回の関係で…
Fさん 40代男性 交際期間2ヶ月 慰謝料600万円請求
減額できた慰謝料:550万円
解決までにかかった期間:1ヶ月

不倫相手の夫が自宅に押し掛けてきて、慰謝料600万円を請求されました。
「600万円を支払わなければ会社にバラす」などと脅され、
その場しのぎで支払いに応じると口頭で答えてしまいました。

相手女性とは交際期間も短く、肉体関係は2回程度、相手夫婦は離婚しない状況。
過去の事例から慰謝料600万円は高額すぎる金額であることをご理解され、相応な金額で解決されたいと当事務所でのサポートをご依頼いただきました。
話し合いの末、相手方女性ともう二度と接触しないことと慰謝料50万円の支払いを条件に和解成立。
請求者には不倫の事実を職場や第三者に口外しないと約束を得ることにも成功されました。

case.2
結婚してないって聞いてたのに!!
Eさん 20代女性 交際期間2年 慰謝料300万円請求
減額できた慰謝料:300万円
獲得できた慰謝料:200万円
解決までにかかった期間:3ヶ月

Eさんは交際男性が独身であると聞かされていました。
交際当初から結婚をほのめかされ、真剣に将来の結婚を考え交際していました。
しかし、実はその男性は既婚者であることが判明。後日、交際相手の妻の代理人弁護士から電話連絡を受け、不倫の慰謝料300万円を請求され、当相談窓口にご相談いただきました。

男性とは遠距離交際で、相手が既婚者であることも知る由もなく、慰謝料の支払い義務はないこととを伝えた上で交渉を開始。 結果、男性の妻には、既婚者と知り得なかったことを理解していただけ、相手男性とは二度と接触しないことを条件に慰謝料の請求は取り下げとなりました。
相手男性とは、女性にとって20代後半の大切な2年間、貞操を侵害されたことに対する慰謝料として200万円を請求し、支払いに合意することに成功しました。

「不倫の慰謝料減額」サポートの費用
基本プラン
相談料 着手金 報酬金
0
(何回でも)
15 万円
金額
10 %
(減額できた金額に対して)

※上記金額は全て税別になり、実際のご請求は消費税が加算されます。
※報酬金は減額できた金額に対して10%の報酬金となります。
例:300万円を200万円に減額できた場合、100万円×10%=10万円が報酬金となります。
※事案内容により、費用が増減する可能性もあります。詳細はお問い合わせください

ご相談から離婚成立までの流れ
STEP.1
まずは、無料相談 電話・LINE・メールでお問い合わせください。お客様の状況整理と疑問点にお答えし、慰謝料の減額・免除の可能性や解決方法をご説明いたします。
STEP.2
「慰謝料減額・免除」サポートのお申し込み 電話・LINE・メールでサポートのお申し込みをいただけます。ご契約手続きと着手金のお支払い後、行政書士が相手との話し合いに必要となる書面(回答書・和解合意書等)の作成に着手します。
STEP.3
書面で相手と話し合う 減額希望の回答書を相手へ送付します。やり取りを数回繰り返し、双方納得のいく条件が確定するまで、話し合いをすすめていきます。
STEP.4
解決 双方納得のいく条件が確定したら、和解成立の証として和解合意書を締結し、条件にしたがって慰謝料の支払いを行い、問題解決となります。

解決までの目安:1ヶ月〜3ヶ月程度
※過去の事例からの平均値を表示しています。

慰謝料請求された場合の基礎知識
■慰謝料請求されたら確認すべき5つのこと

「支払う必要がないのに慰謝料を払ってしまった」「高額すぎる法外な慰謝料の支払いに応じてしまった」というご相談を多く伺います。そんな後悔をしないために、不倫の慰謝料について確認すべきポイントを5つご説明します。
続きを見る...

■不倫で慰謝料請求されたらチェック!請求相手にやってはいけないこと

慰謝料は決して安価なものではない分、1円でも安く抑えたいのが正直なところ。しかし、安く抑えるために、「請求相手にやってはいけないこと」をしてしまい、慰謝料の増額や別のトラブルを招くことも。慰謝料を請求された際に「請求相手に絶対にやってはいけないこと」について解説します。
続きを見る...

よくある質問
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP