婚約破棄の慰謝料請求 | 慰謝料請求ホットライン

婚約破棄の慰謝料請求

婚約破棄に関する慰謝料請求について!

婚約を破棄された場合、または婚約を破棄した時、慰謝料はいくらかかるのでしょうか。

このページでは、慰謝料請求の相場や条件など、婚約破棄に関する慰謝料請求のあれこれを詳しくご紹介していきます。

知らなかったでは済まされない内容ばかりですので、是非参考にしてください。

そもそも婚約の定義とは何か?

芸能人などが婚約発表したニュースを目にしたことがあるでしょう。

婚約とはいわゆる「結婚を約束すること」ですので、基本的に法的な手続きはなく、形式なども存在しません。結納を交わすか、婚約指輪を渡す、または口約束が大半となっています。

婚約を破棄した場合、された場合について

「結婚する気がなくなった」など、正当な理由なく婚約を破棄した場合は、不法行為とみなされ損害賠償請求が生じる恐れがあります。

もちろん、相手側が浮気をしたなどの理由があれば破棄をしても問題はないでしょう。

また、婚約破棄をされた側にとっては、まさに青天の霹靂。

それまで費やした時間やお金はもう元には戻りませんし、家族や友人らに報告済の場合などは身体的、精神的ストレスは計り知れないものとなります。

正当な理由があれば慰謝料請求ができますので、検討してみてください。

慰謝料請求するための条件とは?

婚約破棄に対する慰謝料請求をする場合、確かな証拠が必要となります。

まず婚約をしたという事実行為が必要です。わかりやすいものでいえば、結納、婚約指輪の交換、両家への挨拶、結婚式場の予約などです。

口約束でも婚約となりますが、証拠がないため立証は難しいと考えてください。

同棲や妊娠しただけでは婚約には該当しません。

婚約破棄の慰謝料の相場は?

婚約をするにしたがって、結婚の準備をしている場合があります。

例えば、結納金、婚約指輪代など、お金が発生していれば婚約破棄した側に慰謝料を求めることができます。

妊娠や職場を退職している場合も当然請求は可能です。

婚約破棄の慰謝料は算出方法などが決まっておらず、金額は自由です。

もちろん状況に応じた良識のある金額を請求しないと、大幅に減額をされてしまいます。

相場としては、おおよそ30万円~200万円程度となります。

婚約破棄は非常にデリケートな問題!

婚約破棄をしても、されても慰謝料請求はつきもの。

全くわからないまま相手のいいなりになっていると損をしてしまうだけです。

適正な金額を計算するためにも、専門家に任せるのが最適でしょう。

一人で抱え込まず、電話相談無料のホットラインもございますので、そちらに話を聞いてもらうだけでも気持ちは楽になりますよ。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP