浮気・不倫の慰謝料請求で有利な証拠とは?積極的に集めるべき証拠について | 慰謝料請求ホットライン

浮気・不倫の慰謝料請求で有利な証拠とは?積極的に集めるべき証拠について

慰謝料を請求するうえで、有利な証拠は意外にも多いものです。しかし、実際に慰謝料を請求する多くの方がそれを理解していません。その結果、慰謝料請求に対して関連性の低い証拠を集めてしまい、慰謝料が請求できなかった…といったケースもあります。
そこで、今回は慰謝料請求を有利に進めるために、浮気・不倫の慰謝料請求における「有利な証拠」について解説します。

浮気・不倫の慰謝料請求では「明確な証拠」が有利になる

浮気・不倫の慰謝料請求を有利に進めるには「明確な証拠」が必要不可欠です。
そのため、「最近配偶者の様子が怪しい」「知人が配偶者と異性がホテルに出入りするシーンを見た」といった程度の曖昧な証拠では、慰謝料の請求を有利に進めることができません。
慰謝料請求には、「浮気・不倫をした」と推測できる明確な証拠を集めることが大切なのです。
具体的な証拠については、次を参考にしてみてください。

浮気・不倫の慰謝料請求で有利な証拠

浮気・不倫の慰謝料請求で有利な証拠となるのが次の通りです。

調査会社の報告書

「調査会社」「探偵会社」など、専門業者による報告書は有利な証拠の一つです。
ホテルに出入りする写真、目撃情報といった報告内容であれば、浮気・不倫をしていることは明らか。慰謝料請求を有利にする証拠といえるでしょう。
しかし、調査会社が調査期間中に明確な証拠を得られなかった場合の報告書については、無効となるため注意してください。

肉体関係があったことを推測できるメール内容

肉体関係があったことを推測できるメール内容も証拠の一つです。
とはいえ、該当するのは行為に関する直接的な内容だけではありません。ホテルに行く際の待ち合わせの約束といった、肉体関係に間接的な内容も肉体関係があったことを推測できます。
また、メールの他にも「LINE」「通話記録」などでも問題はありません。

行為中もしくはホテルに出入りしている写真や動画

写真や動画は慰謝料請求で有利な証拠です。とくに「行為中の写真・動画」「性行為に近い写真・動画」「ホテルに出入りしている写真・動画」などは、明らかに浮気・不倫していることが分かる証拠です。
本人たちも言い逃れができない証拠であるため、もし見つけたらきちんと保存しておきましょう。

浮気・不倫を自白した音声

実は「音声」も証拠となります。特に、浮気・不倫を自白した音声は慰謝料の請求で有利です。
そもそも、メールや写真、動画などが入手できなくても、本人が自白をすれば慰謝料の請求は可能です。とはいえ、「そんなこと言っていない」「自白した覚えはない」など、後日反論してくる可能性があるのが事実。そういった状況を回避するために音声として記録を残しておくのです。
ボイスレコーダーで記録するのが好ましいですが、最近はボイスレコーダー関連のアプリがあるため、そういったツールで代用して問題はありません。

ホテルの領収書

ホテルの領収書は、肉体関係があったことを推測できる証拠の一つです。そのため、慰謝料の請求を有利にすることができます。
基本的に、ホテルの出入りがあれば「肉体関係があった」と判断されることがほとんど。仮に二人が「話をしていただけ」「休憩をしていただけ」と言い張っても、その言い分が通ることはほとんどありません。
また、本当に肉体関係がなかったとしても、ホテルに出入りしている時点で肉体関係があったと判断されることが一般的です。
そのため、ホテル内での行動が分からなくても、領収書があれば有利に慰謝料を請求できます。

浮気・不倫の慰謝料は証拠がなくても請求できる?

浮気・不倫の証拠を確保できなかった…という方は少なくありません。こうした状況でも慰謝料の請求は可能なのでしょうか。

本人が自白をすれば慰謝料を請求できる

配偶者や浮気・不倫相手が自白し、支払う意思があれば慰謝料を請求することができます。
お互いにきちんと話し合い、納得できる金額に決定したうえで慰謝料を請求しましょう。
しかし、本人が自白しない場合は、証拠がない限り慰謝料を請求するのは難しいのが事実。請求に根拠がないと判断され、請求できない可能性が高くなるのです。
そのため、些細な証拠でもきちんと集めておくことが大切です。

浮気・不倫の慰謝料は証拠を集めて請求しよう

浮気・不倫の慰謝料は証拠が多ければ多いほど有利に請求できます。今回ご紹介した証拠品の他にも、些細なこと、気が付くことがあればどんどん集めておきましょう。ぜひ、今回の記事を参考にしながら、必要な証拠を集めてください。
当方では、慰謝料請求で有利になる証拠について、的確にアドバイスをしています。また、仮に有利な証拠が得られなかった場合でも、そのほかの方法で請求する案を提示しますので、慰謝料請求における証拠に疑問を抱えている方は、一度無料相談をご利用ください。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP