ホーム > 慰謝料問題お悩み解決・豆知識 > DVとモラハラを続けてきた夫へ、離婚成立と慰謝料獲得した事例

【 解決事例 】

DVとモラハラを続けてきた夫へ、離婚成立と慰謝料獲得した事例

2017年03月31日

  

解決事例

DVとモラハラを続けてきた夫と離婚成立し慰謝料を獲得した解決事例

夫からの、DV(ドメスティック・バイオレンス)、モラルハラスメントで悩んでいる人も多いかと思います。
夫婦関係なので、動き出さなければ逃げることができません。
行動に移して逃げてください!
ここでは、『DVとモラハラを続けてきた夫と離婚成立し慰謝料を獲得した解決事例』と題して、DV夫と離婚成立し、慰謝料まで獲得した事例を紹介します。
ちょっとしたコツが必要ですので、参考にしてください。

ケース①……弁護士が間を取り持つ

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供1人

内容
相談者は夫からのDVに悩んできたAさん。
毎日仕事詰めの夫は、ストレスが溜まると、Aさんに強く当たるクセがありました。
ある程度は仕方ないと我慢してきたAさんでしたが、とうとう暴力を振るわれるようになり、もう歯止めが効かないところまできているところだったのです。
そんな生活が1年過ぎ、とうとう耐えきれなくなったAさんは、夫に離婚を考えてる旨を伝えました。
するとさらに暴力を振るわれるようになったのです。
どうすればいいのかわからず、Aさんは困り果てていました。

解決方法
弁護士に依頼したAさん。
弁護士は、Aさんにただちに別居をすすめました。
そして弁護士が代理人となって、夫と交渉することになったのです。
夫は激怒しましたが、粘り強い交渉の末に慰謝料の獲得と離婚が成立。
直接交渉するのではなく、第三者を間に挟めることでAさんの身を守ったのです。

ケース②……モラハラ夫から逃げる

相談者:40代女性
配偶者:夫、子供3人

内容
相談者は会社員のBさん。
夫からのモラハラに悩まされてきました。
自宅でも外でもおかまいなしに暴言を吐かれ、精神的に参ってしまいました。
子どももBさんの味方になり、夫と戦ってくれることになりました。
言い返したり、喧嘩をするのは負けますし、追い込まれると思ったBさんは、離婚をすることでこの場を打破しようと思ったのです。
しかし、そんなことを言えば、何をされるかわかりません。
Bさんは弁護士に依頼することにしました。

解決方法
Bさんは、夫にバレないように別居準備し、書面にて離婚の意思と慰謝料について請求しました。
300万円という高額の慰謝料を請求しましたが、弁護士はそれほどの支払う義務はあると、強気の姿勢で臨みました。
交渉の末、まずは離婚が成立。
そして慰謝料も全額獲得することができました。
やっと解放されるとBさんは安心していました。

DVやモラハラを証明することについて

DVやモラハラを証明するためには、しっかりとした証拠が必要になります。
DVの証拠となるのは、医師による診断書、さらには日記など記録に残しているものなどです。モラハラだと、ボイスレコーダーに録音して残すと良いでしょう。
ボイスレコーダーは安くて数千円からありますし、スマホのアプリで無料で録音できますので、ダウンロードしておきましょう。
もしくは、スマホなどで暴力振るわれているところを、こっそり録画しておいてもかまいません。

外面が良いので、わかってもらえない

DVやモラハラをする人の特徴として、外面が良いことが挙げられます。
みんながみんなそういうわけではありませんが、あなたに暴力や暴言を吐くくせに、外では紳士のような態度で接する人がいます。
そんな夫を見て「本当に暴力ふるう人なの?」と疑われてしまうわけです。
そんなことにならないためにも、証拠を提出して証明するようにしましょう。

困ったら弁護士に相談!

1人で立ち向かうのはやはり危険です。
ここは上で紹介したケースのように、弁護士などの第三者に仲介に入ってもらうのが良いでしょう。
何より、自分や子どもたちの安全を守るためでもありますので、危険だと思ったら逃げるようにしましょう。
DVやモラハラは人格を傷つける行為です。
当然許されるものではありません! しっかり戦いましょう!
[DVが原因で離婚を考えているなら]

>>解決事例の記事一覧

ブログカテゴリー

トップへ戻る