不倫も全く反省してない夫に対して、離婚協議と慰謝料請求した事例 | 慰謝料請求ホットライン

不倫も全く反省してない夫に対して、離婚協議と慰謝料請求した事例

不倫は最低最悪の行為です。
そんなことをしたにもかかわらず、反省をしないなんて言語道断。
慰謝料の請求をするべきなのです。
ここでは、不倫を反省しない夫に離婚と慰謝料を請求した事例と題して、実際にあったケースとともに、夫が不倫をした時にやるべき行動をまとめています。
最近夫が怪しい、浮気をしているかもしれないと思っている方は、是非参考にしてください。

不倫を反省しない夫……離婚と慰謝料を請求した事例

ケース①……態度を改めない夫

相談者:30代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は専業主婦のAさん。
仕事が忙しく、なかなか家に帰ってこない夫。
家族のために頑張ってくれていると思っていましたが、じつは女性の家に出入りしていただけだったのです。
Aさんは激怒しましたが、「自分は悪くない。誘った相手が悪い」と、浮気相手を悪者に仕立て上げようとしました。
どんな状況であれ、最低な行為をした夫に愛想をつかせたAさんは、離婚をすることにしました。

解決方法

Aさんの夫は態度を変えずに「自分は悪くない」の一点張り。
証拠を集めていたAさんは、それらを提出して離婚成立。
さらに慰謝料も獲得することに成功しました。
最後まで悪あがきをしていた夫でしたが、慰謝料まで支払うことになったことで撃沈。
相当落ち込んでいました。

ケース②……協力しない夫

相談者:40代女性
配偶者:夫、子供2人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
彼女は仕事に家事に子育てに大忙しの毎日を送っていました。
対する夫は、定時に仕事が終わると、家に帰ってゴロゴロするだけ。
休日はゴルフにでかけるような人でした。
しかし、休日に行っていたのはゴルフではなく、女性のもと。
それを知ったBさんは夫を問い詰めました。
自白した夫の声を録音し、証拠を集めたBさん。
しかし、夫は「家庭を顧みない君が悪い」と言い返してきたのです。
家事の一つもやらない夫に怒り心頭になったBさんは、離婚を切り出しました。

解決方法

夫はBさんが悪いと主張しましたが、通るはずもなく、離婚は成立。
慰謝料も満額獲得することができました。
夫は納得いっていない様子でしたが、一括で慰謝料を支払ってくれました。

夫の不倫を知ってしまったらやるべき行動

もし、夫の不倫を知ってしまったら、すぐに問い詰めるのはやめてください。
これは夫側を擁護しているわけでなく、あなたが不利になるからです。
不倫に対する慰謝料を請求するには、確固たる証拠が必要になります。
この証拠が相手を追い込むことになり、慰謝料を獲得できる鍵になるのです。
この証拠は強力でなくてはなりません。
女性と手をつないでいる写真、目撃情報などでは弱いのです。
ホテルの領収書、肉体関係を思わせるメールのやり取り、ホテルを出入りしている写真などが有効になります。
上述した証拠をみればわかるように、肉体関係があったかどうかで慰謝料が請求できるかどうか変わってきます。
慰謝料を請求するのであれば、この肉体関係の有無を徹底的に調査してください。
できれば2回以上行為が分かるものが良いです。
慰謝料を確実に獲得するためにも頑張って探してください。
時間がかかってもいいので、ゆっくり集めるのです。
もし、相手に調査していることがバレたり、浮気相手に知られることとなると、そこで証拠を掴んでいなければ、名誉毀損で反対に訴えられることもありますので注意してください。

不倫に対する慰謝料の相場

一般的に浮気や不倫と言われる不貞行為に関しての相場は、100万円〜500万円ほどとされています。不貞行為の回数やどれくらいの期間浮気したのか、肉体関係を結んだ経緯、そのことによってどれほど傷つき苦しんだか、もしくはうつになったり、自殺をはかったりした……という様々な考慮がされて決定されていきます。もちろんこれらは肉体関係が結ばれた前提の話です。大人の年齢であるのでほとんどないかもしれませんが、肉体関係のない恋愛では適用されませんので注意してください。

反省しない夫に慰謝料請求を!

浮気が発覚しても反省しない人は、また浮気を繰り返します。
そういう場合は離婚をして慰謝料を請求するべきではないでしょうか。
しっかりと考えて決断して、慰謝料を請求しようと結論付けたのであれば、それは正解なのです。
きっちり対策して戦いましょう!
[慰謝料請求したい方]

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP